大学出版部協会

 

ケータイ世代が「軍事郵便」を読む

SI Libretto 003
ケータイ世代が「軍事郵便」を読む

新書 214ページ 並製
定価:700円+税
ISBN978-4-88125-230-7 C0221
奥付の初版発行年月:2009年11月 / 発売日:2009年11月中旬

内容紹介

ビルマ方面に出征した兵士が内地家族に書き送った軍事郵便を、大学のゼミ生が史料として解読した記録。郵便の受取人を訪ねて聞き取り調査を行い、往還した書簡や戦争の意味について考える。

著者プロフィール

新井 勝紘(アライ カツヒロ)

1944年 東京都生まれ 東京経済大学経済学部卒 町田市史編さん室・町田市立自由民権資料館主査をへて,国立歴史民俗博物館助教授へ転職,2001年度より専修大学文学部教授。
『自由民権と近代社会』(編著)吉川弘文館,2004。『多摩と甲州道中』(共著)吉川弘文館,2003。『近代移行期の民衆像』(編著)青木書店,2000。『戦いと民衆』(編著)東洋書林,2000。「パーソナルメディアとしての軍事郵便」『歴史評論』682号,2007。「軍事郵便の基礎的研究(序)」『国立歴史民俗博物館研究報告』126号,2006。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 小泉博美書簡八十八通との格闘
第二章 軍事郵便の企画展示
第三章 軍事郵便が記録する戦時下の日本とビルマ
第四章 衣川書簡の分析と関係者追跡の旅
第五章 ご子息・古川春馬さんとの出会い
終 章 軍事郵便に触れることで私たちが学んだこと(座談会)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。