大学出版部協会

 

表現

シリーズ 性を問う 4
表現

A5判 260ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-88125-094-5(4-88125-094-9) C1300
奥付の初版発行年月:1997年10月

内容紹介

進化生態学における性的信号から、歴史画、パフォーマンスや写真、英語表現の性差別、AVGやコンピュータゲームなどの最新の性表現を検証しながら、身体性や権力規制の問題まで言及している。

著者プロフィール

大庭 健(オオバ タケシ)

1946年 埼玉県生まれ.
[現職]専修大学文学部教授.[専門]倫理学
「環境と人間―ホモ・ロクエンスの〈文化の暴力〉への一試論」『新岩波講座 哲学6・物質 姓名 人間』岩波書店,1986.『他者とは誰のことか』勁草書房,2001.「平等の正当性」『現代哲学の冒険3・差別』岩波書店,1990.『権力とはどんな力か』勁草書房,1991.

鐘ヶ江 晴彦(カネガエ ハルヒコ)

1946年 東京都生まれ.
[現職]専修大学文学部教授.[専門]教育社会学,解放社会学(人権教育・差別問題の社会学).
『セクシャル・ハラスメントはなぜ問題か』(共編著)明石書店,1994.『新版 「同和」教育への社会的視座』明石書店,1996.『差別社会と人権侵害』(共著)新幹社,1988.

長谷川 真理子(ハセガワ マリコ)

1952年 東京都生まれ.
[現職]専修大学法学部教授.[専門]行動生態学.
『クジャクの雄はなぜ美しい?』紀伊国屋書店,1992.『オスとメス=性の不思議』講談社現代新書,1993.『雄と雌の数をめぐる不思議』NTT出版,1996.『男学・女学』(共著)読売新聞社,1995.

山崎 カヲル(ヤマサキ カヲル)

1943年 神奈川県生まれ.
[現職]東京経済大学コミュニケーション学部教員.[専門]異文化コミュニケーション論.
「第三世界という概念」『岩波講座 現代思想16 権力と正当性』岩波書店,1995.『不確定な唯物論のために』(翻訳)ルイ・アルチュセール,フェルナンダ・ナバロ著,大村書店,1993.『男は文化で,女は自然か?』(翻訳)エドウィン アードナー著,晶文社,1987.

山﨑 勉(ヤマザキ ツトム)

1927年 福井県生まれ.
[現職]専修大学文学部教授.[専門]現代英米文学.
現代における文学と美術の関わりを論じたものとして,『身振りの相貌』(共著)佐谷和彦・鶴岡善久編,沖積舎,1990.「オブジェ・コラージュ・リアリティ」,「ブルームの『オデュッセイア』」,”The Aesthetics of Sisyphus”, “Christo’s Art Commune”などがある.

長谷川 寿一(ハセガワ トシカズ)

1952年 神奈川県生まれ.
[現職]東京大学総合文化研究科助教授.[専門]動物行動学,進化心理学.
『知の技法』(共著)東大出版会,1994.『知の倫理』(共著)東大出版会,1995.『知のモラル』(共著)東大出版会,1996.『新たなる人間の発見』(共著)岩波書店,1997.『動物社会における共同と攻撃』(共著)東海大学出版会,1992.

田崎 英明(タザキ ヒデアキ)

1960年 東京都生まれ.
[専門]政治理論,美術理論,セクシュアリティ理論.
『売る身体/買う身体』青弓社,1997.「幽霊の政治学」『現代思想』1996年10月号.「世界とは別の場所で」『思想』1997年4月号.「無能な者たちの共同体」『未来』1996年8月号より連載.

萩原 弘子(ハギワラ ヒロコ)

1951年 神奈川県生まれ.
[現職]大阪女子大学教員.[専門]芸術思想史,女性学.
『開放への迷路』インパクト出版,1988.『この胸の嵐―英国ブラック女性アーティストは語る』現代企画室,1990.『美術史を解きはなつ』(共著)時事通信社,1994.『女・アート・イデオロギー』(翻訳)パーカー,ポロック著,親水社,1992.『視線と差異』(翻訳)ポロック著,親水社,1998.

山岸 和夫(ヤマギシ カズオ)

1936年 香川県生まれ.
[現職]専修大学文学部教授.[専門英語学.
『新グローバル英和辞典』三省堂ほか数点の英和辞典の執筆.
主要論文は,「V+P1+P2構造について」,「Late Middle Englishにおけるbeast の用法について」,「現代イギリス英語管見」など

柘植 光彦(ツゲ テルヒコ)

1938年 東京都生まれ.
[現職]専修大学文学部教授.[専門現代日本文学.
『現代文学試論』至文堂,1978.『私は美しい―“私”をめぐる七つの小説』太陽社,1977.『対決・刑法175条』(共著)亜紀書房,1977.『文章入門』(共著)有斐閣,1982.『昭和の長編小説』(共著)至文堂,1992.

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに  山崎 勉
1. 生物における性的シグナルと人間における性表現  長谷川寿一
2. 私たちがペニスについて知っている二、三の事柄  田崎英明
3. 性、からだ、表現 ― 新しい意味へのフェミニスト的展望  萩原弘子
4. 表現の慣用に沈殿した性  山岸和夫
5. メディアと「性」 ― 「身体」の消失  柘植光彦


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。