大学出版部協会

 

 トマス・エイキンズからハイパーリアリズムまでアメリカン・リアリズムの系譜

アメリカン・リアリズムの系譜 トマス・エイキンズからハイパーリアリズムまで

四六判 268ページ 上製
定価:2,600円+税
ISBN978-4-87354-576-9 C3070
奥付の初版発行年月:2014年03月

内容紹介

アメリカ美術においては周期的に多様な形態のリアリズムが現れては消え、その都度アートの枠組みが更新されている。そうしたリアリズムの系譜を19世紀から現代まで時代ごとの文化的背景も踏まえながら辿っていくことによって、「世界認識の方法」としてのリアリズムがアメリカ文化のなかで果たしてきた役割を明らかにする。


目次

目 次
 アメリカン・リアリズムの系譜
  ―トマス・エイキンズからハイパーリアリズムまで―
 序   なぜ今リアリズムについて語るのか?
 第一章 トマス・エイキンズと「写真的視覚」の発見
 第二章 リアリズム絵画と写真の交錯
 第三章 異なる近代、異なる視覚
 第四章 社会的リアリズムと抽象表現主義をめぐる「文化冷戦」
 第五章 指標的リアリズムからハイパーリアリズムへ
 あとがき
 参考文献
 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。