大学出版部協会

 

 無のリアリティへ向けて現実と落着

現実と落着 無のリアリティへ向けて

四六判 436ページ
定価:3,000円+税
ISBN978-4-87354-571-4 C3010
奥付の初版発行年月:2014年02月

内容紹介

現実はどのように形成され、どこからどこへ向かい、どこに落ち着く処があるのか。本書はディルタイとショーペンハウアーの哲学を読解し、現実の様々な連関が織糸のように交差する〈私〉の直中にその当処を求める。そして静が動を否定するように現実の渦動を否定する無が〈私〉の直中でリアルに息づいているのかと問う。


目次

はじめに 
凡例
第1章 現実の形成
 第1節 生の連関の探求 ―自然の斉一性に対して
 第2節 連関の経験 ―観念の連合に対して
 第3節 類比による連関 ―帰納による普遍に対して
 第4節 現実の経験 ―構造連関・獲得連関・作用連関
第2章 現実の理解
 第1節 解釈学と理解  第2節 個から個へ、個と全体
 第3節 理解の対称性/非対称性  第4節 理解のずれ
第3章 見えない現実
 第1節 再現  第2節 想像力による類比
 第3節 意志  第4節 見えない作用
第4章 鏡を介して <見る/見える> 現実
 第1節 鏡の世界
 第2節 鏡のこちら側、あちら側
第5章 落着
 第1節 自由  第2節 無
第6章 無のリアリティへ向けて
おわりに
文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。