大学出版部協会

 

ドイツにおけるラディカルな敬虔主義

ドイツにおけるラディカルな敬虔主義

A5判 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-87354-570-7 C3016
奥付の初版発行年月:2013年11月

内容紹介

ドイツキリスト教史の盲点ともいうべき歴史現象が、厳密な考証に基づいて活写されている。ゲーテに影響を及ぼしたアルノルトをはじめ、ぺーターゼン夫妻、ディッペル等、従来の敬虔主義を正しく理解するうえにも必須の人物や運動が、興味深く描かれている。詳細な原注に加え、訳注、人名および著作名索引も付した。


目次

本書を読まれる方のために

第1部 一七世紀におけるラディカルな敬虔主義
 序
 1 ラディカルな敬虔主義の概念、根源および成立
 2 生存の不安と終末論的現実解釈
 3 社会的出自と社会的行動
 4 一七世紀における展開の大筋
  (a)初期の分離主義
  (b)一六九〇年代におけるバベルからの脱出
  (c)終末論的転換への待望
     ヨハン・ヘンリヒ・ライツ
     ヨハン・ヘンリヒ・ホルヒ
     コンラート・ブレスケ
     ゴットフリート・アルノルト
     ヨハン・コンラート・ディッペル
     ホーホマン・フォン・ホーヘナウ
第2部 一八世紀におけるラディカルな敬虔主義
 1 序
 2 ペーターゼン夫妻とドイツにおけるフィラデルフィア運動の初期
  (a)ドイツのフィラデルフィア運動
  (b)ペーターゼン夫妻
 3 教会との和解? アルノルト―ホルヒ―ケーニヒ
  (a)ゴットフリート・アルノルト
  (b)ヨハン・ヘンリヒ・ホルヒ
  (c)ザームエール・ケーニヒ
 4 ヴィトゲンシュタイン領邦とヴェテラウにおける分離主義者たち
  (a)ヴィトゲンシュタインの分離主義者たち
  (b)エルンスト・クリストフ・ホーホマン・フォン・ホーヘナウ
  (c)シャルル・エクトール・ド・サン・ジョルジュ・マルキ・ド・マルセと彼の「婚姻姉妹」であるクラーラ・フォン・カレンベルク
  (d)ヴェテラウの分離主義者たち
 5 母なるエーファの協会(ブットラルの一味)
 6 シュヴァルツェナウの新洗礼派
 7 一匹狼の預言者たち
  (a)ヨハン・テンハルト
  (b)ヨハン・ゲオルク・ローゼンバハ
  (c)ヨハン・マクシミリアン・ダウト
  (d)クリスティアン・アントーン・レーメリング
 8 霊感派と真の霊感教団
 9 ヨハン・コンラート・ディッペル
 10 フランクフルト・アム・マインの分離主義者たち
 11 ベルレブルクとフィラデルフィア運動の後期隆盛期
  (a)ヨハン・フリードリヒ・ハウクとベルレブルク聖書
  (b)ヨハン・ザームエール・カールと『霊的な噂』
  (c)クリストフ・ゼーバハとヴィクトル・クリストフ・トゥフトフェルト
 12 回顧と展望
訳者後記

人名および著作名索引 巻末
基本文献 巻末
図版解説 巻末
第1部 原注 巻末
第2部 原注 巻末
第1部 訳注 巻末
第2部 訳注 巻末


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。