大学出版部協会

 

鎖国時代 海を渡った日本図

鎖国時代 海を渡った日本図

A4判 92ページ 並製
定価:1,900円+税
ISBN978-4-87259-686-1 C1025
奥付の初版発行年月:2019年07月 / 発売日:2019年07月中旬

内容紹介

鎖国状態にあった日本の姿をヨーロッパの人々はどのようにして知ったのか。
長崎出島のオランダ商館、交易を求めるロシア船などを通して、ヨーロッパに多数の日本図が運ばれた様子と、日本図が受容され、活用されていく経緯を、ヨーロッパで刊行された日本図や海図、鷹見泉石関係資料に伝来する日本図から読み解く。長久保赤水「改正日本輿地路程全図」のヨーロッパにおける受容と変容も初紹介。

著者プロフィール

小林 茂(コバヤシ シゲル)

大阪大学名誉教授・大阪観光大学教授

鳴海 邦匡(ナルミ クニタダ)

甲南大学文学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき
鎖国時代 海を渡った日本図
展示解説
コラム「長久保赤水の日本図と伊能忠敬の日本図」
展示資料目録
Maps of Japan Carried across Oceans during the Period of National Seclusion, 1636-1854
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。