大学出版部協会

 

 岡山・神庭の滝の群れの60年写真でつづるニホンザルの暮らしと心

写真でつづるニホンザルの暮らしと心 岡山・神庭の滝の群れの60年

A5判 148ページ 並製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-87259-680-9 C1045
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年04月上旬

内容紹介

おっぱいをやめられない子ザル、孫を可愛がるおばあちゃんザル、養子を育てるサル、老眼ザル、子どもの世話に熱心なオスザル、メスザルに支えられる老オスザルの地位…

ニホンザルの様々なエピソードを、豊富な写真と簡明な文章によって活写する。サルの暮らしを満喫できるとともに、サルと人の近さも感じられる一冊であり、子どもから大人まで楽しめる。岡山・神庭の滝のニホンザル集団は半世紀以上、個体識別に基づいた行動研究が継続され、世界的にも大変貴重な群れである。本書ではこの群れに生きたサルたちの歴史を伝える。巻末には霊長類の特徴についての解説も付し、霊長類学、行動研究の入門書としても最適である。

著者プロフィール

中道 正之(ナカミチ マサユキ)

大阪大学大学院人間科学研究科・教授

京都府生まれ。1984年大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了、1986年学術博士。大阪大学大学院人間科学研究科准教授を経て、2007年から同教授。2014年から2016年まで、同研究科長。2015年から日本霊長類学会会長。40年以上にわたり、野生ニホンザル集団の中で暮らすサルの顔を覚え、「誰が誰に何をしたか」を記録しながら、サルの行動発達や子育て、老いなどをテーマに研究を継続。1996年からは動物園で暮らすゴリラの観察も実施している。最近は、動物園で暮らす大型野生動物の子育てなども観察している。

〈主著〉
『ゴリラの子育て日記』(昭和堂、2007年)
『サルの子育て ヒトの子育て』(KADOKAWA(角川新書)、2017年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

◆はじめに

◆第1章 子ザルの四季―最初の1年
春―生まれたての赤ん坊
夏―広がる子ザルの世界
秋―冬支度を整えた子ザル
冬―初めての雪

◆第2章 子ザルたちの成長―1歳からワカモノまで
おっぱいをめぐる母ザルと子ザルのせめぎ合い
1歳の子ザルになっても続く背中でのおんぶ
弟、妹が生まれたとき
おっぱいをあきらきれない1歳の兄や姉
赤ん坊の妹と一緒におっぱいを飲む2歳の姉
子ザルの遊び
赤ん坊に関わる年長のメスの子ザルやワカメス
オトナに近づいたワカメス
群れを離れるワカオス

◆第3章 おとなのメスの暮らし
メスの一生
母系血縁メスたちの結びつき
優劣順位
毛づくろい
出産
死んだ赤ん坊を抱く母ザル
ケガをした子ザルへの世話
養子を育てる
草の根を洗って食べるメスたち
老メスの暮らし
生後2カ月の孫の世話をする老メスのマッチ
1歳の孫の世話をする老メスのテラ
老メスのバーチャンの最後

◆第4章 おとなのオスの暮らし
群れから出るオス、残るオス
オスの順位と行動
オスの毛づくろい相手と交尾相手
子ザルの世話をするオス
ボス、それとも第1位オス
第1位オスの変遷
17年間も第1位オスだったリキニオ
群れに再び戻ってきたオス

◆解説 霊長類の特徴
ニホンザルとヒトは「進化の隣人」
握る手、つまむ指
顔の前面にある並んだ2つの目と毛のない顔

◆おわりに

◆付録 写真に写っているサルたちの名前一覧

関連書

『サルの子育て ヒトの子育て 』(角川新書)、『高崎山のサル 』(講談社学術文庫)、『スノーモンキー 』(とんぼの本)、『おサルの王国 地獄谷野猿公苑の四季』(講談社)、『消えた伝説のサル ベンツ』(ポプラ社)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。