大学出版部協会

 

日本を彩る香りの記憶

阪大リーブル68
日本を彩る香りの記憶

四六判 226ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-87259-636-6 C1320
奥付の初版発行年月:2019年01月 / 発売日:2019年01月中旬

内容紹介

軽やかな筆致で描かれる、香りと歴史。歴史上の人物、文学のなかの人々が、生活のなかで欠かせなかった香りを、いかに駆使してさまざまなシーンを彩ってきたのか。仏教、香木、薫物、薬、香水、色の匂いなど、多様なエピソードで紹介。

著者プロフィール

内野 花(ウチノ ハナ)

大阪大学COデザインセンター招へい教員
1979年生まれ。関西大学卒業。博士(文学)。専門は医薬文化史、被膜児伝説研究および女性文化史。
学芸員資格をもち、その関連業務や高等学校の講師を経て、2011年から大阪大学コミュニケーション・デザインセンターで特任講師として勤務。Handai-Asahi 中之島塾や大阪大学×大阪ガス「アカデミクッキング」などにも登壇。2016年から現職。キツネとネコ科動物をこよなく愛す。趣味は、植物の写真撮影と美術館巡り。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

一 祈りの香り
 イメージの記憶/沈水香の漂着/仏教における視感と香り/薬としての役割/光明皇后の施浴伝説

二 薫物の香り――身に纏う香りと六種の薫物
 「にほひ(匂)」という感性/黒髪の香り/六種の薫物/あでやかな〈梅花〉/涼やかな〈荷葉〉/ぬくもりの〈落葉〉/「あはれ」の〈侍従〉/凛とした〈菊花〉/強さと美しさの〈黒方〉/〈百歩〉先からの香り

三 五節句の香り
 人日の香り/上巳の香り/端午の香り/七夕の香り/重陽の香り

四 色彩の香り
 四季の彩り/自己表現としての色――襲/襲の色目の名前/色の匂い

五 恋の香り
 平中の想い人・侍従の君/雨の降る夜/可愛さあまって「樋箱簒奪事件」/えもいはず香ばしき黒方の香

六 バサラ・カブキたちの香り
 人間五〇年/バサラの誕生――そしてカブキ/同時代の世界の激動/バサラ・カブキを生きる

七 義の香り
 幼子のため/友への義/大坂夏の陣に散った伽羅/武士の義

八 理想の香り――伽羅、そしてヘリオトロープ
 香道――教養としての香り/宣教師が見た香文化/薬種屋の砂糖漬/最高級の沈香「伽羅」/伽羅の油/花の露/ヘリオトロープとの出会い――新しい時代を象徴する香り


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。