大学出版部協会

 

 加害者も救う法とプログラム家庭内暴力

家庭内暴力 加害者も救う法とプログラム

A5判 220ページ 上製
定価:4,500円+税
ISBN978-4-87259-634-2 C3032
奥付の初版発行年月:2018年12月 / 発売日:2018年12月中旬

内容紹介

増加する家庭内暴力の現状を被害者・加害者双方に関するアンケートをもとに分析して、問題点をさぐる。日本の法律はどのように被害者を守っているか。その法律を知っているかのアンケート調査も加える。また、アメリカの法とそれに基づいて実施されている加害者への有効なプログラム、韓国の法と実例などを紹介して、日本の法に欠けている部分を抽出し、方向性を提言する。

著者プロフィール

金 ジャンディ(キム ジャンディ)

大阪大学法学研究科 助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1章 家庭内暴力
 1節 家族および家庭内暴力の特徴
 2節家庭内暴力の実態
 3節被害者に対する保護・支援制度
 4節加害者対策の現状

2章 現行法律・制度および支援上の問題
 1節被害者支援制度上の課題
 2節 法律上の問題
 3節 加害者への対策

3章 問題解決へ向けた提言
 1節アメリカ合衆国の制度
 2節 韓国制度の検討
 3節 問題解決に関する提言


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。