大学出版部協会

 

 鏡の国のプリズムアリスのことば学2

アリスのことば学2 鏡の国のプリズム

A5判 248ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-87259-600-7 C1080
奥付の初版発行年月:2017年12月 / 発売日:2017年12月中旬

内容紹介

『不思議の国のアリス』の姉妹本『鏡の国のアリス』では、ことばや論理の仕掛けが、一層巧緻に用意周到に織り込まれている。本書は該当箇所の英文も掲載し、その言語学的な魅力に多角的に迫る。ミクロに分け入る「虫の目」、マクロから鳥瞰する「鳥の目」、全体を見通す「魚の目」の各視点によるコラムも充実。ことば学というプリズムを通して、ことばと論理の多彩な輝きをとらえる大好評シリーズ「アリスのことば学」第2弾。

著者プロフィール

稲木昭子 (イナキアキコ)

兵庫県生まれ。大阪大学文学部卒業、同文学研究科修士課程修了、同文学部助手を経て、追手門学院大学名誉教授。

沖田知子(オキタトモコ)

兵庫県生まれ。大阪大学文学部卒業、同文学研究科修士課程修了、同文学部助手を経て、大阪大学名誉教授。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1 章 鏡の向こう側 見えるとあるのズレ

第2 章 辞書ほどのナンセンス 無理から比較

第3 章 パンニバタフライ 名前と指示するもの

第4 章 イヤハヤ、ナントモハヤ どっこいどっこい

第5 章 時を遡って生きる 因果の逆転

第6 章 お前さんには名誉 ただならぬ卵

第7 章 伝説の怪物アリス 立場変われば

第8 章 ありえぬことに備えて 可能世界の先読み

第9 章 戴冠のから騒ぎ アリス、クイーンになる

第10章 ナント赤のクイーンは 誰の夢だったのか

エピローグ  アリスの2 つの世界

『鏡の国のアリス』の巻頭詩と巻末詩


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。