大学出版部協会

 

 近世オスマン帝都の都市空間と詩人、庶民、異邦人多元性の都市イスタンブル

多元性の都市イスタンブル 近世オスマン帝都の都市空間と詩人、庶民、異邦人

A5判 436ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-87259-593-2 C3022
奥付の初版発行年月:2018年02月 / 発売日:2018年02月下旬

内容紹介

東西の文物が行き交う国際貿易として、そしてオスマン朝という巨大国家の帝都としての求心力を誇った、近世イスタンブル。本書はこの都市空間にほぼ同時期に居合わせた観察者たちを、帝国文化を担うオスマン詩人という「文化的選良層」、都市の商工業者によるムスリム、非ムスリムの「庶民層」、そして旅行者、滞在者という「異邦人」に分類し、彼らが残した記述からイスタンブルの都市像を多角的に抽出する。

著者プロフィール

宮下 遼(みやしたりょう)

1981年、東京生まれ。
東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。
現在は大阪大学言語文化研究科准教授。
専門はトルコ文学(史)。
著書に『無名亭の夜』(講談社)、訳書にオルハン・パムク『私の名は赤』、『僕の違和感』、『雪』、『無垢の博物館』(いずれも早川書房)、ラティフェ・テキン『乳しぼり娘とゴミの丘のおとぎ噺』(河出書房新社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 オルハン・パムクの憂愁の向こう
 
第一章 視線の交錯する都市

1 近世イスタンブルの成立

2 近世イスタンブルへの眼差し

3 視線の交錯点

第二章 近世イスタンブルを歩く

1 近世「帝都圏」

2 近世イスタンブルの都市空間

第三章 詩人の眼差し、楽土の都

1 オスマン詩人とは何者か

2 世界に唯一にして似たもの無き都市

3 天の園に比せられる楽土の都

第四章 支配者の眼差し、下郎の巷

1 当世批判と庶民

2 酒場、珈琲店、メジリス:都市の社会的結節点への眼差し

3 庶民の生業への眼差し

4 下郎の巷の紳士たち

5 オスマン帝国の文化的選良層における帝都:「楽土の都」と「下郎の巷」

第五章 庶民の眼差し、俗信の都

1 庶民の世界を覗くには

2 アヤズマとエユプ伝説

3 帝都の狂人たち

4 奇譚の憑代、奇物

5 日常生活の裏に潜む俗信の都

第六章 異邦人の眼差し、箱庭の中の冒険
  
1 西欧人とオスマン帝都イスタンブル

2 異教・キリスト教古代への眼差し

3 「トルコ帝国」の異文化への眼差し

4 voyageとtourの狭間、箱庭の中の冒険

終章 多元性の都市イスタンブル

1 歴史的重層性に拠った多元的言説空間

2 多元的言説空間の終焉


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。