大学出版部協会

 

 公娼制度下の「衛生」問題と廃娼運動性を管理する帝国

性を管理する帝国 公娼制度下の「衛生」問題と廃娼運動

A5判 556ページ 上製
定価:7,000円+税
ISBN978-4-87259-560-4 C3021
奥付の初版発行年月:2017年01月 / 発売日:2017年01月中旬

内容紹介

日本における公娼制度とその存廃をめぐる議論の歴史を、徹底的な史料の裏付けのもとに再検討、学術的に、世界史的な視野から捉え直す。近代公娼制度が帝国の軍隊を維持するための性病対策であったことを重視し、それに関する「衛生」論が、階層を問わず、当時の人々に広く浸透していった経緯を明らかにした。廃娼運動が進められていく過程で形作られた家族観や、娼婦への人権侵害に関する議論の時代的変化についても詳述する。

著者プロフィール

林 葉子(ハヤシ ヨウコ)

1973年生まれ。
2008年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。
現在、大阪大学男女協働推進センター特任講師。

主な著作に、「生理衛生教科書に見る人体の表象―「人種」と性差の男女別教育」小山静子編『男女別学の時代―戦前期中等教育のジェンダー比較』(柏書房、2015年)、「『満洲日報』にみる〈踊る女〉―満洲国建国とモダンガール」生田美智子編『女たちの満洲 多民族空間を生きて』(大阪大学出版会、2015年)、「公娼廃止後の廃娼運動―売春防止法制定過程における女性議員の役割」出原政雄編『戦後日本思想と知識人の役割』(法律文化社、2015年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 公娼制度下の暴力は、なぜ廃絶できなかったのか?
1 問題の所在
2 先行研究と本書の課題

第1章 軍隊の性病問題とスケープゴートとしての娼妓
1 医学知の輸入と性病検査
2 公娼制度の再編過程にみる性病の問題
3 〈婚外の性〉の一元化

第2章 廃娼運動の始まりと女性の周縁化
1 廃娼建議と「衛生」の論理
2 「姉妹同胞」としての娼妓
3 男性に占められる廃娼運動と買春男性批判

第3章 国境を越える性の売買と日清戦争
1 日本人移民の「密売淫」を取締まる法の制定
2 「海外醜業婦」の社会問題化
3 「授産」事業による娼婦の「救済」
4 従軍看護婦の理想化

第4章 庶民の性病観と差別意識
1 蔓延する性病と売薬
2 梅毒患者の〈黒い肌〉
3 〈白い肌〉の「文明」/〈黒い肌〉の「野蛮」
4 生殖力を脅かすものとしての淋病
5 男性不妊と買春の問題化

第5章 娼妓を〈労働者〉にする戦略
1 公娼廃止か娼妓の権利か
2 可視化される娼妓虐待
3 娼妓を〈労働者〉とみなす法廷闘争
4 娼妓を「救済」する「軍隊」

第6章 軍隊と廃娼運動の癒着
1 日露開戦と矯風会軍人課
2 矯風会の愛国婦人会への対抗意識
3 「軍人」化する女性たち

第7章 日露戦争と占領地へ拡大する公娼制度
1 遊廓増設問題と廃娼運動の全国化
2 満洲軍政下の公娼制度導入
3 満洲の「婦人救済」運動

第8章 性別編成される廃娼運動
1 男性に啓蒙される女性という構図
2 廃娼運動団体・廓清会の創設
3 美人=芸妓問題と「奥様」批判
4 矯風会の女性運動化

第9章 〈男らしさ〉の優生思想
1 「文明」化された〈男らしさ〉
2 『廓清』の「人種改良」論
3 廃娼論者の断種論

終章 帝国の軍隊に取り込まれた公娼制度と廃娼運動
1 アジアへの侵略戦争と公娼制度の近代化
2 近代公娼制度を支持したのは誰か?
3 帝国主義の女性差別


参考資料・文献一覧
初出一覧
あとがき
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。