大学出版部協会

 

 アファーマティブ・アクションという切り札語られなかったアメリカ市民権運動史 

語られなかったアメリカ市民権運動史  アファーマティブ・アクションという切り札

A5判 264ページ 上製
定価:4,500円+税
ISBN978-4-87259-552-9 C3022
奥付の初版発行年月:2016年06月 / 発売日:2016年06月中旬

内容紹介

1960年代以降のアメリカ社会における人種問題と市民権運動の歴史を、アファーマティブ・アクションの歴史的推移を中心に再考する。アメリカ国民の境界線の再編に深くかかわる「諸刃の剣」として統合と分断の役割を担わされてきたアファーマティブ・アクションについて、フィラデルフィアとリッチモンドを事例として、黒人労働者や労働組合の動向に焦点を当てて検証し、アメリカ人種問題の解決への糸口を探る。

著者プロフィール

安井倫子(ヤスイミチコ)

1945年、台湾台南市にて生まれる。1968年、神戸市外国語大学卒業後、大阪府豊中市立中学校英語教員。2000年、退職。1999年、大阪外国語大学国際文化学科(夜間主)卒業。2003年、大阪大学大学院文学研究科前期課程修了。2011年、同後期課程単位取得退学。2014年、同修了。博士(文学)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 ―現代アファーマティブ・アクションとは何か―

1 問題の背景
2 今日のAAが抱える課題
3 AA研究史
4 本書の課題と構成

第1章 アファーマティブ・アクションの系譜 ―歴史に現れた三つの先例―

はじめに
1 南部再建期(1860年代) ―アファーマティブ・アクションの源流
2 ワグナー法(1935年) ―「アファーマティブ・アクションは白人のものであった」
3 ケネディ大統領行政命令10925(1961年) ―市民権運動とアファーマティブ・アクション
おわりに

第2章 「下からのアファーマティブ・アクション」 ―フィラデルフィアにおける市民権運動の展開

はじめに
1 背景 ―冷戦と市民権運動―
 1.1 民主主義の競争 ―冷戦―
 1.2 冷戦リベラリズム
 1.3 フィラデルフィア市民権運動の変容
2 雇用平等をめざして ―人間関係委員会・協会・NAACP―
 2.1 背景
 2.2 第一段階:セレクティヴ・パトロネージ・プログラム
 2.3 第二段階:1963年「公正雇用実施条例」の制定へ
3 暴動を乗り越えて ―「下からのAA」を実践する
4 1970年代以降のフィラデルフィア市民権運動

第3章 ジョンソン政権下のアファーマティブ・アクション ―1967年フィラデルフィア・プランを中心に―

はじめに
1 背景
2 フィラデルフィア・プランの展開
 2.1 OPPの導入
 2.2 現場の困惑
 2.3 雇用者の不満
 2.4 労働組合の立場:反発・困惑・協力
3 CHRによる収拾からOPPの廃止へ
おわりに

第4章 ニクソン政権のアファーマティブ・アクション ―1969年改訂フィラデルフィア・プランを中心に―

はじめに
1 背景
 1.1 1960年代末の市民権運動
 1.2 ニクソン政権と市民権問題
 1.3 フィラデルフィア・プランの再生
2 RPPをめぐる紛争
 2.1 8月公聴会
 2.2 建設労働組合大会 ―RPP絶対反対を決議―
 2.3 10月公聴会
 2.4 12月議会採決
3 ニクソン政権のAAからの後退
おわりに

第5章 現代アファーマティブ・アクションの展開 ―1983年リッチモンド・プランを事例に―

はじめに
1 セパレート・シティ
 1.1 黒人による政治的影響力の拡大
 1.2 市街地再開発をめぐる利害
 1.3 黒人多数派議会の誕生
2 リッチモンド・プランに向かって
 2.1 1970年代 ―雇用平等のためのアファーマティブ・アクション―
 2.2 マーシュ市政のAA ―対立と協調―
 2.3 セット・アサイドの展開
3 リッチモンド・プランの展開と意義
 3.1 ロイ・ウエスト市長の誕生
 3.2 リッチモンド・プランと再開発
 3.3 リッチモンド・プラン採択
 3.4 リッチモンド・プラントクロソン裁判
 3.5 リッチモンド・プランの有効性
おわりに

終章

参考文献
おわりに
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。