大学出版部協会

 

 大阪の「美」と「学問」をたどる懐徳堂の至宝

大阪大学総合学術博物館叢書13
懐徳堂の至宝 大阪の「美」と「学問」をたどる

A4判 94ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-87259-523-9 C1321
奥付の初版発行年月:2016年10月 / 発売日:2016年10月下旬

内容紹介

懐徳堂は大阪の学問所として140年の歴史を刻む。幕末から明治維新に至る動乱の中でいったん閉校し、明治43年にその顕彰を目的として懐徳堂記念会が設立され、大正5年には重建懐徳堂が再建された。この重建懐徳堂の開学100年を記念した資料図録である。最近新発見の資料の大型写真をはじめ、修復をほどこしてより図柄が明瞭になった最新版を多く含む。カラー版36頁。

著者プロフィール

湯浅邦弘(ユアサクニヒロ)

大阪大学大学院文学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
凡例

第1章 懐徳堂の至宝 
第2章 懐徳堂の誕生と草創期 
第3章 懐徳堂の「知」の展開 
第4章 よみがえる懐徳堂
第5章 懐徳堂の史跡をたずねる

参考文献
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。