大学出版部協会

 

ロボット演劇

ロボット演劇

A4判変型 82ページ 並製
定価:1,500円+税
ISBN978-4-87259-359-4 C1474
奥付の初版発行年月:2010年02月 / 発売日:2010年02月中旬

内容紹介

国際的に活躍中の二人の天才,ロボット学者石黒
浩教授と劇作家・演出家の平田オリザ教授のコラ
ボレーションにより生まれた世界初の試みである
ロボット演劇をビジュアルに紹介する.二人の対
談を軸に,ロボット役者wakamaruの産みの親
やプログラミング担当者のエッセー,言語学から
みた評価などを織り交ぜ,科学と芸術,哲学が
融合した境地を描き出す.平田オリザ作「働く私」
台本も完全掲載.


目次

(メッセージ)
■ロボット演劇「働く私」に寄せて(鷲田清一 大阪大学総長)

(制作過程)
■ロボット演劇「働く私」が上演されるまで

(プロフィール)
■平田オリザ・石黒浩

(対談)ロボットが演劇? ロボットと演劇!?
■平田オリザ×石黒浩 金水敏(司会)

(台本)
■ロボット演劇「働く私」(平田オリザ)

(エッセイ)
■ロボット研究とは人間の心を知ること(石黒浩)
■ロボット演劇の開発(黒木一成)
■「ええ、まぁ」の言語学(金水敏)

(ロボット)
■コミュニケーション・ロボット「WAKAMARU」


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。