大学出版部協会

 

東洋美術史

東洋美術史

A5判 376ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-86463-048-1 C3070
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 発売日:2016年03月中旬

内容紹介

美術史は造形作品で辿る人間の歴史である
広大なユーラシア大陸を舞台に織りなされた
東洋の造形をたどる旅に出よう

言葉で表すことのできない人間の根本的な感覚を、選び抜かれた「形」と「色」により具現化された作品群から感じ取り、体系化してゆく美術史。
日本文化形成の源流である東アジア(中国・韓国)に多くのページを割き、初学者に学びやすい構成をとっている。
インド、スリランカ、チベット、東南アジア、中央アジア、中国、韓国、各国の歴史を踏まえつつ、美術史に取り組む基本姿勢から、基盤となる教養までを身につけるための重厚な1冊。


目次

序章
「東洋美術史」とは?
第1 章 インド
 インドの多様性と統一性
 Ⅰ 古代インド
 Ⅱ 中世インド
 Ⅲ 近世インド
第2 章 スリランカ
第3 章 チベット
第4 章 東南アジア
 東南アジアの宗教美術
 Ⅰ インドネシア
 Ⅱ ミャンマー
 Ⅲ カンボジア
 Ⅳ タイ
 Ⅴ ベトナム
第5 章 中央アジア
第6 章 中国
 はじめに
 Ⅰ 書画
 Ⅱ 工芸
 Ⅲ 仏教美術
  1 ─彫刻/ 2 ─絵画/ 3 ─建築
 Ⅳ 道教美術
第7 章 韓国
参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。