大学出版部協会

 

 マグナ・カルタ神話論を越えてマグナ・カルタの800年

マグナ・カルタの800年 マグナ・カルタ神話論を越えて

A5判 224ページ
定価:3,500円+税
ISBN978-4-86283-270-2 C3032
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月中旬

著者プロフィール

深尾 裕造(フカオ ユウゾウ)

1949年:大阪府に生まれる。
1975年:京都大学大学院法学研究科修士課程修了。関西学院大学法学部教授。

〈主要論文〉「チューダ期イングランド法学の形成とその展開過程(1)〜(4・完)」『法学論叢』105〜106(1979)。「イングランドにおける学識法曹の形成」上山安敏編『近代ヨーロッパ法社会史』(ミネルヴァ書房、1987)所収。「Artificial Reason考(1)〜(3・完)」『島大法学』35〜36(1992)。「旅する裁判所─巡回陪審裁判制度成立史素描」田中・阿河編『〈道〉と境界域』(昭和堂、2007)所収。「Demurrer考」『早稲田法学』85(2010)。「コモン・ローとは何か」『法と政治』62(2011)等。
(本データはこの書籍が刊行された当時のものです)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 はしがき
〈序に代えて〉─マグナ・カルタ神話論を越えて
 はじめに
 第一節 法律家クック
 第二節 クックの制定法解釈論
 第三節 マクシムとレグーラ
 第四節 クックの典拠
 最後に─マグナ・カルタ神話論の背後で
第1章 マグナ・カルタと中世法─c.28(c.38*), c.29(c.39*, 40*)を中心として
 第一節 一二一五年のマグナ・カルタ
 第二節 c.28(c.38*)とc.29(cc.39*,40*)
 第三節 先行例
 第四節 十四世紀における解釈
 第五節 古法の回復
第2章 エドワード・クックの時代のマグナ・カルタ
 第一節 マグナ・カルタとは何だったのか
 第二節 国王大権と法
 第三節 国王と裁判官
 第四節 コモン・ローと大権裁判所
 第五節 国家理由のための投獄
第3章 マグナ・カルタとブラックストン─ブラックストンのマグナ・カルタ理解とそのアメリカ合衆国への影響
 はじめに
 第一節 十八世紀の英国におけるマグナ・カルタ
  (1)一二一五年版マグナ・カルタと一二二五/一二九七年版マグナ・カルタ (2)一二二五/一二九七年版マグナ・カルタに基づく個人の自由の主張
 第二節 ブラックストンのマグナ・カルタ理解
  (1)『大憲章と森林憲章』(一七五九) (2)『イングランド法釈義』(一七六五─六九) (3)同時代の英国におけるブラックストンのマグナ・カルタ理解に対する評価
 第三節 アメリカ合衆国におけるマグナ・カルタとブラックストン
  (1)アメリカ植民地におけるマグナ・カルタ (2)『イングランド法釈義』のアメリカにおける影響
 おわりに
第4章 マグナ・カルタと明治憲法─日本におけるマグナ・カルタ受容の一齣
 はじめに
 第一節 マグナ・カルタの受容
  (1)初期の紹介 (2)最初の全訳─尾崎三良『英国成文憲法纂要』 (3)その後の翻訳状況
 第二節 マグナ・カルタと明治憲法
  (1)外国憲法の参照状況 (2)憲法起草関係者のマグナ・カルタ評価 (3)マグナ・カルタと明治憲法
 むすび
第5章 マグナ・カルタと憲法学─法の支配の聖典か権利の保障の古典か
 はじめに
 第一節 マグナ・カルタ─権利の保障か法の支配か
 第二節 バンクール Bancoult事件
  (1) 第一次訴訟 (2)第二次訴訟 (3)判決にみるマグナ・カルタの位置付け
 第三節 日本におけるマグナ・カルタの憲法的意義
 結語
 あとがき
 マグナ・カルタの研究史
 マグナ・カルタ年表
 人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。