大学出版部協会

 

 銘醸地フランスの歴史を中心にヨーロッパワイン文化史

ヨーロッパワイン文化史 銘醸地フランスの歴史を中心に

A5判 242ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-86163-315-7 C3022
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年03月下旬

内容紹介

ワインを切り口にヨーロッパを学ぶユニークな歴史書。宗教や習慣と密接に関係するワイン文化の本質に迫る。

著者プロフィール

野村 啓介(ノムラ ケイスケ)

1965年、福岡県生まれ。九州大学、ボルドー第3大学をへて、1998年より鹿児島大学法文学部助教授、2003年より東北大学大学院国際文化研究科助教授(2007年より准教授)、現在に至る。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ ヨーロッパワイン文化の歴史的探究にむけて
Ⅱ ヨーロッパワイン文化の黎明期 —古代から中世へ
Ⅲ ワイン文化の発展 —中世盛期
Ⅳ 近世から近代へ —ボルドーとブルゴーニュの台頭
Ⅴ 近代市民社会の到来とワイン文化の展開
Ⅵ ワイン文化のグローバル化 —現代ワインが直面する諸問題


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。