大学出版部協会

 

 重複語幹動詞を中心にパーニニが言及するヴェーダ語形の研究

パーニニが言及するヴェーダ語形の研究 重複語幹動詞を中心に

A5判 並製
定価:4,000円+税
ISBN978-4-86163-288-4 C3087
奥付の初版発行年月:2018年02月 / 発売日:2018年02月下旬

内容紹介

インド伝統文法学を創始したパーニニの文法を、ヴェーダ学の成果を手がかりに言語史的位置づけに取り組む。

著者プロフィール

尾園 絢一(オゾノ ジュンイチ)

1977年 福岡県に生まれる
2001年 同志社大学経済学部卒業
2005年 東北大学大学院文学研究科博士課程前期2年の課程修了
2009年 東北大学大学院文学研究科博士課程後期3年の課程修了 博士(文学)
2009年 ヴュルブルク大学比較言語学講座(ドイツ)留学(ドイツ学術交流会DAAD奨学生)
2011年 東北大学大学院文学研究科教育研究支援者
2012年 東北大学文学研究科助教
2015年 東北大学文学研究科専門研究員
    東北大学文学部非常勤講師
    東北大学全学教育非常勤講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき
略号表、記号、凡例
0.序論

I 総論
1. パーニニの言語
2. パーニニとヴェーダ語の関係
3. nipātana-sūtra
4. パーニニ文法の動詞形成法

II 各論
1.強意語幹(Intensive)
1.1. athematic intensiveと-yá-intensive
1.2. Intensiveの重複音節
1.3. 結合母音
1.4. Intensiveの機能
1.5. Pāṇiniが言及するヴェーダ語のintensive語形

2.重複現在語幹(Reduplicated present)
2.1. 語幹形成法
2.2. 第3類動詞群
2.3. ヴェーダ語の重複現在語幹に関するパーニニの規則と文法学の見解
2.4. 重複現在語幹のアクセント
2.5. Pāṇ. VII 4,75
2.6.  redupl.pres. jāgarti

III 結論
参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。