大学出版部協会

 

 骨と語り合った40年アイヌと縄文人の骨学的研究

アイヌと縄文人の骨学的研究 骨と語り合った40年

A5判 280ページ 並製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-86163-265-5 C3047
奥付の初版発行年月:2015年11月 / 発売日:2015年11月中旬

内容紹介

アイヌなしの本土日本人(和人)の人類学研究は成り立たず、和人抜きのアイヌ研究もまた成り立たない。解剖学・形質人類学からのアプローチで「日本列島の人類史の復元」を試みるのに際し、その一翼を担った民族集団としてアイヌ、縄文人、本土日本人、琉球人の骨を考える。豊富な資料写真とともに、頭骨の形態小変異研究をとおした40年間にわたる骨との語らいを振り返る。

著者プロフィール

百々 幸雄(ドド ユキオ)

1944年栃木県生まれ。1969年東北大学医学部卒業。札幌医科大学助手、国立科学博物館研究官、東北大学医学部助手、札幌医科大学助教授を経て、1994年より東北大学医学部教授。2008年に定年退職し、現在は東北大学名誉教授。専門は解剖学•形質人類学。編著書に、『モンゴロイドの地球(3)日本人のなりたち』東京大学出版会 1995)、『北上山地に日本更新世人類化石を探る』(東北大学出版会 2003)、『骨が語る奥州戦国九戸落城』(東北大学出版会 2008)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
第1章 縄文人とは
第2章 アイヌとは
第3章 形態小変異とは
第4章 分析の開始
第5章 弥生人と続縄文人
第6章 アイヌと琉球人
第7章 人種の孤島
第8章 東北地方にアイヌの足跡を辿る
第9章 アイヌとその隣人たち
終 章 アイヌと縄文人骨研究の今後
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。