大学出版部協会

 

 日本の文化遺産から世界遺産を学ぶ

東北アジア学術読本5
世界遺産を学ぶ 日本の文化遺産から

四六判 96ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-86163-263-1 C3325
奥付の初版発行年月:2015年12月 / 発売日:2015年12月中旬

内容紹介

「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」を1992年に締結して以来、我が国でも多くの世界文化遺産登録がなされた。引き続き登録を目指すものも多い中、世界遺産はなぜ重要で、登録されることにどんな意義があるのだろうか。「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」(2011年)、「石見銀山遺跡とその文化的景観」(2007年)、「日光の社寺」(1999年)の三つの国内文化遺産を例に、歴史文化と観光商業が共存する世界遺産の表裏を多角的に検証する。


目次

1.平泉の世界文化遺産の価値づけをめぐって 入間田宣夫
2.石見銀山遺跡とその文化的景観-普遍と固有の二つの価値から- 仲野義文
3.地域史研究からみた世界遺産 荒武賢一朗


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。