大学出版部協会

 

 国際動向と日本の課題研究倫理の確立を目指して

高等教育ライブラリ9
研究倫理の確立を目指して 国際動向と日本の課題

A5判 198ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-86163-259-4 C3037
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 発売日:2015年04月上旬

内容紹介

「研究における誠実性」はどう扱われるべきなのか? 責任ある学術研究のために不可欠な、倫理の確立と不正の防止・対応策。問題の整理と現場の実情をふまえ、大学における研究教育の「信頼性」の維持を多角的に問う試み。アメリカ・イギリス・ドイツ・中国・オーストラリアの事例を手がかりに、我が国の今後のかたちを模索する。


目次

はじめに(羽田貴史)
第1章  研究倫理に関する世界の動向と日本の課題(羽田貴史)
第2章  アメリカにおける不正行為への取り組み(宮田由紀夫)
第3章  アメリカにおける技術移転機関の倫理(五島敦子)
第4章  英国における研究データの公開と学問的誠実性
   -イースト・アングリア大学気候研究部門のメール流出事件-(田中正弘)
第5章  ドイツにおける研究公正システムの構築
   -ドイツ研究振興協会(DFG)と研究不正行為-(藤井基貴)
第6章  中国における学問的誠実性の取り組み(叶 林)
第7章  オーストラリアにおける研究倫理の保証
   -今後の方向性を探る-(マーク・フェルマン)
〈解説〉  オーストラリアにおける研究倫理をめぐる取り組み動向
   -フェルマン論稿に寄せて-(杉本和弘)
第8章  全国調査から見る日本の学問的誠実性(羽田貴史・立石慎治)
おわりに(羽田貴史)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。