大学出版部協会

 

 スイス連邦工科大学と日本人化学者の軌跡スイスと日本の近代化学

スイスと日本の近代化学 スイス連邦工科大学と日本人化学者の軌跡

A5判 296ページ 並製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-86163-247-1 C3043
奥付の初版発行年月:2014年08月 / 発売日:2014年09月上旬

内容紹介

日本の化学の礎は、スイスにある。真島利行、朝比奈泰彦、柴田雄次、片山正夫、鈴木梅太郎…。明治末期、日本から留学生として渡欧した彼らは、当時ヨーロッパで活躍した化学者たちとどんな交流を持ち、どんなことを学び、それをどのようにして日本の化学発展に活かしたのか。化学の専門的知見と若き研究者たちの人物像を巧みに織り交ぜ、日本の近代化学の歩みをひもとく。日本・スイス国交樹立150周年(2014年)を機に知る、両国間の豊かな学術交流の歴史。


目次

はじめに
第1章 スイスという国
第2章 連邦工科大学(ETH)の設立と有機化学の教授たち
第3章 日本人留学生と日本の近代化学
第4章 アルフレッド・ウエルナ-と柴田雄次
第5章 留学生たちの帰国に向けて
第6章 日本の近代化学
第7章 その後のスイス連邦工科大学(ETH)と有機化学
第8章 九つのトピックス
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。