大学出版部協会

 

自然と科学

今を生きる東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言5
自然と科学

A5判 354ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-86163-207-5 C1300
奥付の初版発行年月:2013年12月 / 発売日:2013年03月中旬

内容紹介

叢書シリーズの最終巻にあたる本書は、東北大学に主に所属する理学・工学・農学分野の研究者による論考をまとめ、東日本大震災の実情と今後の復興への道筋を提言する。
第Ⅰ部では今回の地震・津波・原発禍のメカニズムと被害を、各分野の第一人者の研究者が論じる。各論考は、図版や写真を多く掲載し、また専門用語を用いる場合には註釈を充実させるなど、広く読まれ理解されるように努めた。第Ⅱ部では、被災地の復興に向けた各種プロジェクトの紹介や、「震災後」を見据えたスマートシステムの例を示す。
震災後、執筆者の多くが感じた「何かをしなければ」という科学者としての使命感が、どの論考からも感じ取れる。本書は、被災地の科学者によるゼロからの復興・再生への現時点での回答書でもある。


目次

まえがき―ゼロからの復興・再生、現時点での回答書…吉野博
第Ⅰ部 地震・津波・放射能汚染
 第1章 津波災害史観 …箕浦幸治、菅原大助
 第2章 2011年東北地方太平洋沖地震を考える~そのとき何が起こっていたのか… 海野德仁
 第3章 津波の発生メカニズムと被害…今村文彦
 第4章 東日本大震災の実態と教訓を踏まえて~都市・建築の総合的地震対策のために…源栄正人
 第5章 東日本大震災による建築物の被害…前田匡樹
 第6章 津波堆積物中のヒ素および重金属類とそのリスク評価…土屋範芳
 第7章 福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染とその対応…石井慶造
 第8章 原発事故による放射能汚染の測定―核物理学研究者の取り組み…小池武志、田村裕和
 第9章 福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の大気による拡散―宮城県への影響について…岩崎俊樹、沢田雅洋
 第10章 大震災と原発事故による海洋の生態系攪乱と放射能汚染…花輪公雄
第Ⅱ部 復旧・復興に向けた科学的提言
 第11章 福島原発警戒区域内に取り残された動物とどう向き合うか…佐藤衆介
 第12章 東日本大震災―農地への影響とその対策 …南條正巳
 第13章 震災からの農業・農村の復興―農学研究科の復興支援プロジェクト…中井裕
 第14章 独自の品種で地域の復興と再生へ…西尾剛
 第15章 復興都市計画の策定の現状と課題…姥浦道生
 第16章 震災復興に向けたスマートハウス・スマートコミュニティ …田路和幸
 第17章 被災地復興における居住計画上の課題…石坂公一
 第18章 仮設住宅における熱・空気環境の現状と課題…吉野博、柳宇、長谷川兼一、猪野琢也
あとがき ―自都市(地域)を中心としたネットワーク形成…日野正輝





一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。