大学出版部協会

 

 国際研究協力の先端に立って開業医の光感受性てんかん研究

開業医の光感受性てんかん研究 国際研究協力の先端に立って

四六判 144ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-194-8 C3047
奥付の初版発行年月:2012年05月 / 発売日:2012年06月上旬

内容紹介

著者の光感受性てんかん研究は40年有余に及ぶ。その間、「電子ゲーム誘発発作」の問題が急浮上し、ついで「ポケモン事件」(平成9年)が起こる。その直中に身を置いて研究を重ねた著者が、ドラマに満ちた研究・教育の場面や人々との出会い、さらには東北大学、ジョンズ・ホプキンス大学時代などに受けた学恩への感謝の気持ちをエッセー風に綴る。長期にわたる研究成果の紹介は年代順の叙述とし、理解の容易さを考慮して図表を多用。国際研究協力の場で得た貴重な経験を、次代を担う若い学徒に伝えたいという強い思いがあふれる一冊。

著者プロフィール

高橋 剛夫(タカハシ タケオ)

1934年 石巻市生まれ
1959年 弘前大学医学部卒業
1960年 国立弘前病院にて実地修練
1961年~1964年 アイオワ州立大学医学部精神科(臨床脳波)・神経科レジデント
1967年 弘前大学医学部博士課程終了(医学博士)
    東北大学医学部精神科助手
1972年 同講師
1979年 ジョンズ・ホプキンス大学神経科客員助教授
1980年 仙台市立病院精神科部長
1993年 八乙女クリニック(理事長)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき
第1章 研究の発端
第2章 低輝度視覚刺激装置の開発
第3章 ジョンズ・ホプキンス病院勤務の1年
第4章 仙台市立病院精神科勤務の13年
第5章 「電子ゲーム誘発発作」
第6章 ポケモン事件とその展開
第7章 開業医の20年
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。