大学出版部協会

 

 これからの児童養護のかたち子どもの暮らす施設の環境

子どもの暮らす施設の環境 これからの児童養護のかたち

A5判 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-190-0 C3052
奥付の初版発行年月:2012年12月 / 発売日:2012年12月中旬

内容紹介

家庭に代わる生活の場である児童養護施設は、子どもたちの抱える課題の複雑化や多様化に伴い変革が迫られている。本書は、施設空間という側面からそのあり方を考察したものである。まず、子どもたちの日常生活の安定に空間が果たす役割を探求するため、長期にわたり子どもと職員を観察し、「コミュニケションと行為と空間の関わり」という糸口から生活の様子を描き出すことで、施設空間に求められる要件を考察している。続いて、近年、児童養護施設の地域化の担い手として注目されるグループホームに焦点を当てて全国の整備実態を明らかにし、さらにグループホームが地域と関わる姿を捉えることで、望ましい施設計画像を浮かび上がらせている。


目次

第1章 児童養護施設のいま
第2章 日常生活の展開からみる大舎制と小舎制
第3章 環境療法の展開からみる小舎制施設空間の意味
第4章 グループホームの展開
第5章 地域の中のグループホーム
第6章 これからの児童養護のかたち
資料
参考文献
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。