大学出版部協会

 

 宮沢賢治とともに考える修羅とデクノボー

修羅とデクノボー 宮沢賢治とともに考える

A5判 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-170-2 C1095
奥付の初版発行年月:2011年10月

内容紹介

哲学者による宮沢賢治の世界への案内である。初期の短歌から詩および文学、さらには書簡にまでおよぶ賢治の生涯の作品が丹念に分析・解釈され、その核心が、孤高の知を目指す「修羅」とすべてを受け容れる「デクノボー」との間の格闘の所産として捉えられる。「崇高」と「ディオニュソス」という概念を用いて賢治のコスモロジー(=宇宙観)に新たな光を当てていく著者ならではの試みによって、文学的絶頂を極めんとして「崇高」を目指した賢治の営為が、陶酔と没落の「ディオニュソス」の祭祀と不可分であったことが、すなわち賢治文学の輝きが人間の深い悲しみの受容と共にあったことが、明らかになる。著者の賢治解釈を通して読者は同時に哲学の世界にも導かれて行くことであろう。

著者プロフィール

滝浦 静雄(タキウラ シズオ)

1960年 岩手大学学芸学部講師
1968年 東北大学文学部助教授
1971年 同教授
1985年 文学部長
1990年 定年退官・名誉教授
       岩手県立盛岡短期大学長
1997〜2000年 一関市博物館長
2011年 没

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 予備的考察—崇高と「ディオニュソス」
第二章 賢治文学の出発点としての短歌
第三章 初期短編—不条理の淵
第四章 法華主義への傾倒
第五章 賢治童話の世界
第六章 アミニストとしての宮沢賢治
第七章 宮沢賢治の詩の世界
第八章 宮沢賢治のモダニズムと土着性
第九章 妹の死
第十章 北国への傷心旅行
第十一章 賢治の「風」と宇宙感覚
第十二章 「本当の百姓」と「農民芸術」
第十三章 「銀河鉄道の夜」考
第十四章 「デクノボー」への願い
終章 阿修羅の堕落としてのデクノボー


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。