大学出版部協会

 

生と死への問い

人文社会科学講演シリーズ5
生と死への問い

四六判 224ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-86163-155-9 C1020
奥付の初版発行年月:2011年01月

内容紹介

東北大学大学院文学研究科が企画する「人文社会科学講演シリーズ」の第五巻。古今東西の死生観を西洋美術史、日本思想史、英文学、フランス文学、倫理学の専門家が分析する。文学や美術作品に表現された古代ギリシア人の死生観、墓制の変遷に見出される日本人の死生観、シェイクスピアの悲劇『オセロー』に描かれた女性の生死の様相、フランスの代表的な詩人ポール・ヴァレリーの作品「海辺の墓地」に内在する現在主義的な死生観、「悲しみ」という情緒が開示する現代日本人における生と死の連関。これらのテーマをとおして、世界に存在する多様な死生観が浮き彫りにされる。


目次

はじめに
1 美術にみる古代ギリシア人の生と死…芳賀京子
2 死者と出会う場所…佐藤弘夫
3 だれが殺した、デズデモーナを?ー演劇に描かれた女性の生と死ー…岩田美喜
4 「海辺の墓地」の死生観…今井 勉
5 死への産声…戸島貴代志


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。