大学出版部協会

 

 東西文化にみる地図と景観図都市を描く

都市を描く 東西文化にみる地図と景観図

A5判 265ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-139-9 C1070
奥付の初版発行年月:2010年03月 / 発売日:2010年03月下旬

内容紹介

古代ヨーロッパ・近世イタリア・近世日本を映し出した、自己と他者による「共同体イメージ」とは? 
地図と景観図の様式と役割に着目しながら、そこに描きだされた様々なメッセージや制作者の意図を丁寧に読解。そこに、土地の景観を視覚化することで空間を象徴し、住まう人々の心を顕在化させる、地図と景観図が表わす「都市の姿」が浮かび上がる。通常の「絵画」の領域には入りきらない特殊なジャンルを取り上げた、意欲的な論考5篇を収録。豊富に収録した図版写真を手掛かりに、古今東西の地図・景観図の世界にいざなう。


目次

第1章 西洋古代世界の地図と都市図
第2章 15世紀フィレンツェにおける都市図の展開
−フランチェスコ・ロッセッリの地図制作と都市の理念−
第3章 ヴェネツィアの地図・都市図にみる共和国表象
第4章 16世紀の日本における地図と都市図
第5章 18-19世紀の日本における都市図
−鍬形斎筆《江戸一目図屏風》


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。