大学出版部協会

 

 教授学習心理学からのアプローチ法則の適用を阻む「判断の不確定性」とその低減方略

法則の適用を阻む「判断の不確定性」とその低減方略 教授学習心理学からのアプローチ

A5判 256ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-86163-123-8 C3037
奥付の初版発行年月:2009年08月

内容紹介

人はなぜ学習した抽象的な知識を日常の問題解決場面で使おうとしないのか。知識の獲得とその適用を扱う心理学の領域で長年に渡り問い続けられてきたこの問題に,従来とは異なる視座からの解釈を提案する。これまで主張されてきたメカニズムを再検証する中で,その理由が問題解決に利用すべき抽象命題を1つに確定しないという「判断の不確定性」にあることを明らかにした。さらに,このような傾向を減じて知識の適用を促すための方略を新規に開発し,実際の教授場面での利用可能性を追求した。教授学習過程の研究に新たな局面を拓こうとする意欲作。

著者プロフィール

佐藤 淳(サトウ ジュン)

1963年 山形県生まれ
1994年 東北大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学 
1994年 北海学園大学専任講師(教育心理学) 
1997年 同 助教授 
2002年 同 教授、大学院教授 
2009年 博士(教育学)東北大学 
現在 北海学園大学経営学部行動科学系教授(学習心理学) 
   同大学院経営学研究科組織心理分野教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一部 ルールの不適用問題とそのメカニズムについて
第1章 ルールの不適用に関する従来の研究と本研究の問題
第2章 「企業の活動目的」に対する不確かな判断傾向
第3章 「商品の価格規定因」に対する不確かな判断傾向
第4章 「判断の不確定性」についてールール不適用のメカニズムに関する新たな見方ー

第二部 ルールの抽象度操作を促す方略の検討ー事例提示法が及ぼす効果ー
第5章 提示事例の内容が及ぼす効果について
第6章 提示事例の位置づけが及ぼす効果について
第7章 ルールの適用教示と適用例示が及ぼす効果について

第三部 ルールの関係操作を促す方略の検討ー論理操作法が及ぼす効果ー
第8章 マトリックスを用いた論理操作法の効果
第9章 マトリックスを用いた論理操作法の問題点
第10章 マトリックスを用いた論理操作法の問題点の改善

第四部 得られた知見と今後の課題
第11章 得られた知見と今後の課題


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。