大学出版部協会

 

 教育・結婚・職業 いかに生きたか、いかに生きるか女性百年

女性百年 教育・結婚・職業 いかに生きたか、いかに生きるか

A5判 176ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-86163-119-1 C1030
奥付の初版発行年月:2009年03月 / 発売日:2009年04月上旬

内容紹介

国立大学の中で最も早く女子学生を受け入れた東北大学。その門戸開放の理念と歴史を振り返り、現在社会の中で女性が置かれている位置について考える。平成19年に開催された東北大学創立百周年記念国際シンポジウムでの、各界で活躍する女性6人の講演録と、女性の教育・結婚・職業をテーマとした4人の研究者の書き下ろし論文を収録。
<講演・執筆者> 青木生子(元日本女子大学学長)、イザベル・ジロドウ(東北大学客員准教授)、奥山恵美子(仙台市副市長)、高良留美子(詩人・評論家・作家)、李美淑(ソウル大学校)、李善姫(東北大学GCOEフェロー)ほか。


目次

第1部 東北大学創立百周年記念国際シンポジウム 
「女性百年―教育・結婚・職業」《いかに生きたか、いかに生きるか》記録
開会挨拶・・野家啓一(東北大学副学長)
趣旨説明・・仁平道明
《基調講演》
戦中・戦後を生きて・・青木生子(元日本女子大学学長)
《パネリスト講演》
法学部から司法の世界へ女性の進出―フランスと日本・・イザベル・ジロドウ(東北大学大学院法学研究科客員准教授)
女性公務員に求められるもの―自治体経営に女性の視点を生かそう・・奥山恵美子(仙台市副市長)
過去を見つめ、未来を望んで・・高良留美子(詩人・評論家・作家)
女と男の歴史が語りかけるもの―戦争と平和をめぐって・・早川紀代(明治大学講師・女性史研究国際連盟委員)
女性たちの「知の回遊」―戦前朝鮮人女子日本留学生の役割・・朴宣美(筑波大学大学院人文社会科学研究科講師)
閉会宣言・・吉田正志
第2部 女性百年―教育・結婚・職業 論文集


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。