大学出版部協会

 

ヘーゲル 具体的普遍の哲学

ヘーゲル 具体的普遍の哲学

A5判 216ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-86163-111-5 C3010
奥付の初版発行年月:2009年04月 / 発売日:2009年04月中旬

内容紹介

ヘーゲルは人間の有限性を忘れ、まるで神のような視点からすべてを見通す体系を構築した〈傲慢な〉哲学者なのか?そうではない。彼は、人間の具体的経験につねに忠実であろうとした。それが「具体的普遍」の哲学である。本書は、ヘーゲルの著作のみならず、カント『判断力批判』、プラトン『パイドロス』、さらにはシェリングの1792年の研究帖や『超越論的観念論の体系』を参照することによって、ヘーゲルのいう「具体的普遍」を多角的に浮き彫りにする試み。人間の経験をつらぬく〈ロゴス〉の光と翳をみすえるヘーゲルの思索に迫る。


目次

はじめに
第一章 直観的悟性を生きるとはどういうことか―へーゲルの『判断力批判』受容をめぐって
第二章 ひとつにまとめる想像力―シェリングの1792年の研究帖と『超越論的観念論の体系』をめぐって
第三章 想起と集約―プラトン・ヘーゲル・シェリング
第四章 天才の孤立、直接性の忘恩―<集約するロゴス>の光と翳
第五章 『精神現象学』「意識」章の読解―<集約するロゴス>と無限性
第六章 絶対知と想起
むすびにかえて
あとがき
文献表
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。