大学出版部協会

 

 日本信託法との比較ドイツ信託法理

東北大学出版会若手研究者出版助成選書
ドイツ信託法理 日本信託法との比較

A5判 204ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-103-0 C3032
奥付の初版発行年月:2008年07月

内容紹介

近年、信託が学会及び実務の注目を集め、平成16年には信託法の全面的改正に至っている。しかし、信託は他の私法制度と異質なものであり、その利用の拡大は他の制度との軋轢を生じさせる。大陸法における信託のあり方を探るため、日本と利用の仕方が類似するドイツ法における信託を研究し、その生成から現代の発展に至るまでの理論及び実務を明らかにした。そこから、大陸法における信託は、受託者への個人的信頼を基礎とした関係を中心となることを主張した。


目次

序   検討の対象と方法
第一章 日本法における信託の問題
第二章 ドイツ法における信託理論の成立
第三章 現代におけるドイツ信託法の展開
第四章 日本法への示唆
結   まとめと今後の課題
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。