大学出版部協会

 

 ルーマン社会システム理論による分析日本における単線型学校体系の形成過程

東北大学出版会若手研究者出版助成選書
日本における単線型学校体系の形成過程 ルーマン社会システム理論による分析

A5判 182ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-099-6 C3037
奥付の初版発行年月:2008年07月

内容紹介

日本では久しく教育改革の必要が叫ばれ、教育基本法の改正までもが行われた。しかし教育が劇的に変わる気配は今のところ感じられない。一方で時代の流れという言葉で示される不可逆的・不可避的な変化を教育に関して感じることも少なくない。巷間言われる教育の自主性・自律性とは、人間の思惑を超えた文字通り教育そのものの自律性なのかもしれない。本書ではルーマン社会システム理論の視座から、教育システムの自律的展開の過程として我が国における学校体系の変化を読み解いてゆく。


目次

序 章 課題と方法
第一章 男子中等教育システムの形成ー中等学校令成立の基盤形成過程1ー
第二章 女子中等教育システムの形成ー中等学校令成立の基盤形成過程2ー 
第三章 青年教育システムの形成ー青年学校令成立の基盤形成過程ー 
第四章 中等教育システムと青年教育システムの関係構造ー学校教育法成立前後の変化ー
第五章 男女両中等教育システムの融合―単線型学校体系成立以降の動きー
終 章 結論と展望


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。