大学出版部協会

 

Aerodynamic Design of Supersonic Biplane; Cutting Edge and Related Topics

21世紀COE「流動ダイナミクス国際研究教育拠点」レクチャーシリーズ 5
Aerodynamic Design of Supersonic Biplane; Cutting Edge and Related Topics

B5判 260ページ 上製
定価:5,000円+税
ISBN978-4-86163-061-3 C3353
奥付の初版発行年月:2007年06月

内容紹介

本書は、東北大学21世紀COEプログラム「流動ダイナミクス国際研究教育拠点」の教育研究活動を通じて提案された超音速複葉翼理論について、これまでの成果をまとめたものである。この理論では、古典的なブーゼマン翼の概念を応用して2枚の翼を用いて衝撃波を干渉させることで、造波抵抗を低減しつつソニックブームを根本的に削減することができる。次世代超音速機開発における最大の壁では航空機が音速を超えて飛行する際に発生するソニックブーム問題とされており、大型機にも応用可能な革新的空力形状を提案する本理論はソニックブーム問題解決の大きな糸口となることが期待される。


目次

1. Introduction
2. History
3. A Biplane Concept for Wave Elimination
4. An Ideal Biplane Configuration, Licher Biplane
5. Supersonic-biplane Design Using Inverse Design Approach
6. Validation of Biplane Concept Using CFD Codes
7. Inversely Designed Biplanes
8. Extension of 2D Supersonic Biplane to 3D
9. Boom-less Body Studies
10. Experiment
11. Formation Flight


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。