大学出版部協会

 

『西遊記』資料の研究

『西遊記』資料の研究

B5判 475ページ 上製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-86163-040-8 C3097
奥付の初版発行年月:2007年02月

内容紹介

『西遊記』の歴史は古く、唐初の伝説に由来する。それから約1000年、伝説から簡単な語りもの、そしてさし絵入りの長編小説と物語はふくらみ、人々を魅了しつづけて来た。『西遊記』誕生まで、各時代の密接した関係を持つ資料や作品を、宋代から明末清初まで時代順にならべ、それぞれの資料や作品が持つ特徴を導き出したのが本書である。敦煌出土絵画や絵巻、はては屋根の飾り瓦まで見すえ、研究者も見たことがないような資料を紹介しつつ、豊富な図版によって絵画的視点から『西遊記』発展のあしあとをたどった研究書と言える。


目次

第1章 総説 『西遊記』物語絵史―唐代から民国まで―
第2章 『大唐三蔵取経詩話』研究―宋代の唐三蔵物語とその書誌研究―
第3章 『大唐三蔵取経詩話』と栂尾高山寺・明恵上人―鎌倉時代における日宋文化交流―
第4章 『唐僧取経図冊』の研究―元代の西遊記物語絵―
第5章 世徳堂刊西遊記の版本研究―明代における完成体『西遊記』の登場
第6章 閩斎堂刊『新刻増補批評全像西遊記』の版本研究
第7章 明末清初『西遊記』諸刊本と絵画について―楊致和編『唐三蔵出身全伝』と『李卓吾先生批評西遊記』を中心に―
第8章 『釣魚船』と『進瓜記』―明清代の劉全進瓜李翠蓮還魂物語考―
第9章 『昇平宝筏』と『西遊記』―清代内府劇の一断面―
第10章 『昇平宝筏』の内容―北京故宮博物院本と大阪府立中之島図書館本―
第11章 『西遊記』資料瑣談



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。