大学出版部協会

 

 二人称生成の倫理へ無私と人称

東北大学出版会若手研究者出版助成選書
無私と人称 二人称生成の倫理へ

A5判 291ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-86163-023-1(4-86163-023-1) C3012
奥付の初版発行年月:2006年04月

内容紹介

「私」は自我や自己と同じなのか。「私」は印欧語に翻訳できるのか。「私が無い(無私)」とはどのような事態か。なぜ西田幾多郎、和辻哲郎、森有正らは無私に価値をおくのか。日本語はいかなる特徴をもつ言語で、それらの特徴は無私とどう関係するのか。
本書は、無私からの人称生成/消失という観点から伝統的な自己/他者論を検討し直し、人称論の開拓を目指す。言葉、記憶、死に絡めて人称を論じ、最後は倫理の問題へ。現代の脱人称化した責任を批判し、犯罪に対峙する倫理学を提示する。2003年度日本倫理学会和辻賞受賞論文所収。


目次

はしがき 無になりきれない人のために
序 章 人称を問う 目的と方法
  第一節 人称という問題領域
  第二節 人称論と自己/他者論の違い
  第三節 人称のタキソノミー
第一章 無私と言葉
  第一節 近代日本哲学における無私の系譜
  第二節 日本語の特徴と無私の哲学 時枝誠記の言語過程説をもとにして
第二章 人称と記憶
  第一節 一人称と記憶
  第二節 二人称と記憶
第三章 人称の倫理
  第一節 記憶と責め
  第二節 二人称生成の倫理 犯罪における責任と人称
あとがき 不定型の思考


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。