大学出版部協会

 

水・水溶液系の構造と物性

水・水溶液系の構造と物性

A5判 388ページ
定価:5,800円+税
ISBN978-4-8329-9261-0(4-8329-9261-9) C3043
奥付の初版発行年月:1989年02月 / 発売日:1989年02月下旬

内容紹介

水・水溶液系の液体構造を今日的レベルにおいて体系的に論じた書は,極めて少ない.本書は,近年の液体論の理論的展開を基礎に,最新の実験・計算機実験の成果を統一的・体系的に把握し,水・水溶液系の構造と物性を捉える基本的視点を明確に示す.

著者プロフィール

荒川 泓(アラカワ キヨシ)

1926年生まれ.
東京大学理学部化学科卒業.
北海道大学応用電気研究所教授.
主要著書:
近代科学技術の成立(北海道大学図書刊行会)
現代科学の形成と論理(共著,大月書店)
教育課程の構造(分担執筆,標準テスト協会)
科学の領域増刊・水の構造と物性(分担執筆,南江堂)
科学総説・イオンと溶媒(分担執筆,学会出版センター)
高分子実験学第9巻・力学的性質Ⅰ(分担執筆,共立出版)
Water and Metal Cations in Biological Systems(分担執筆,学会出版センター)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序  説
1  自然と生命の土台としての水
2  特異な水のふるまい(水蒸気・水・氷)

第Ⅰ部  カロリメトリー—分子生物学の研究における分析法
第 1章  液体の統計力学的理論の発展
第 2章  計算機実験の液体への適用—MD法およびMC法
第 3章  液体物性研究のための実験手段の進歩

第Ⅱ部  水の液体構造
第 4章  水の構造模型・理論の展開—1930年代〜60年代まで
第 5章  水の液体構造研究への計算機実験の本格的適用
第 6章  水の統計力学的理論の展開
第 7章  中性子回折を中心とする水の液体構造研究の新たな展開
第 8章  水の構造模型—理論・計算機実験・構造解析の立場からの総括

第Ⅲ部  イオン−水間相互作用
第 9章  イオン−水間相互作用の特徴と本質—水の液体構造に及ぼす溶存イオンの影響
第10章  イオン−水間相互作用理論の進歩—電解質水溶液論の新しい展開

第Ⅳ部  疎水相互作用
第11章  疎水相互作用概念の検討
第12章  疎水相互作用の理論的展開


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。