大学出版部協会

 

 財団法人前田一歩園財団創立20周年記念論文集論文集・北海道の湿原

論文集・北海道の湿原 財団法人前田一歩園財団創立20周年記念論文集

B5判 322ページ
定価:7,000円+税
ISBN978-4-8329-8011-2(4-8329-8011-4) C3045
奥付の初版発行年月:2002年10月 / 発売日:2002年10月下旬

内容紹介

北海道を代表する釧路湿原,サロベツ湿原,別寒辺牛湿原,霧多布湿原,落石岬湿原,月ケ湖湿原,雨竜沼湿原の7湿原について収録。気候環境,水環境,地形・地質・土壌環境,植物相,植生,植生変遷史のなかから,それぞれの湿原の特徴となっている課題について解説。

著者プロフィール

辻井 達一(ツジイ タツイチ)

国際湿地保全連合日本委員会会長・財団法人北海道環境財団理事長

橘 ヒサ子(タチバナ ヒサコ)

北海道教育大学教育学部旭川校教授

荒木 悟(アラキ サトル)

島根大学汽水域研究センター研究員

五十嵐八枝子(イガラシ ヤエコ)

アースサイエンス株式会社技術顧問

佐々木純一(ササキ ジュンイチ)


 雨竜沼湿原を愛する会副会長

佐藤雅俊(サトウ マサトシ)

帯広畜産大学畜産環境科学科助手

新庄久志(シンショウ ヒサシ)

釧路国際ウエットランドセンター主幹

高橋英樹(タカハシ ヒデキ)

 北海道大学総合博物館教授

高橋英紀(タカハシ ヒデノリ)

北海道大学大学院地球環境科学研究科助教授

橘 治国(タチバナ ハルクニ)

北海道大学大学院工学研究科助教授

平川一臣(ヒラカワ カズオミ)

北海道大学大学院地球環境科学研究科教授

冨士田裕子(フジタ ヒロコ)

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター植物園助教授

Stefan Hotes (ホーテス・シュテファン)

北海道大学大学院地球環境科学研究科研究生

堀内晃(ホリウチ アキラ)

株式会社西日本科学技術研究所研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 釧路湿原
 1. 釧路湿原の気象(高橋英紀)
 2. 釧路湿原温根内地区の地下水質と土壌(橘治国ほか)
 3. 釧路湿原フロラと絶滅危惧植物(高橋英樹)
 4. 釧路湿原のハンノキ林(新庄久志)
 5. 釧路湿原キラコタン崎高層湿原の現存植生図(佐藤雅俊ほか)
第2章 別寒辺牛湿原
 1. 別寒辺牛湿原の植生変遷史(五十嵐八枝子)
 2. 別寒辺牛湿原とその周辺地域のフロラと絶滅危惧植物の現状(高橋英樹ほか)
 3. 別寒辺牛湿原の植生(佐藤雅俊ほか)
第3章 霧多布湿原
 1. 霧多布湿原の気象(高橋英紀)
 2. 霧多布湿原の水および土壌環境(橘治国ほか)
 3.霧多布湿原の形成過程・水文環境・植生に関する研究:二番川およびジュンサイ沼周辺泥炭地の調査結果(ホーテス・シュテフアン)
第4章 落石岬湿原
 1. 落石岬のアカエゾマツ湿地林の植生と土壌環境(冨士田裕子ほか)
第5章サロベツ湿原
 1. サロベツ湿原の気象(高橋英紀)
 2. サロベツ湿原の水質および土壌環境と植生(橘治国ほか)
 3.地下水水質からみた湿原の涵養機構と保全:湖沼から高層湿原への遷移(堀内晃ほか 第6章 月ケ湖湿原
 1. 月ケ湖湿原の気象(高橋英紀)
 2. 月ケ湖湿原の植生(冨士田裕子ほか)
第7章 雨竜沼湿原
 1. 雨竜沼湿原の成立に関する地形・地質学的検討(平川一臣)
 2. 増毛山地・群馬岳湿原の花粉分析学的研究(五十嵐八枝子)
 3. 雨竜沼湿原の気象(高橋英紀)
 4. 雨竜沼湿原の地下水および池塘の水質(橘治国ほか)
 5. 雨竜沼湿原の池塘地図(佐々木純一)
 6. 雨竜沼湿原のフロラと絶滅危惧植物(高橋英樹ほか)
 7. 雨竜沼湿原ペンケペタン川の水生植物(高橋英樹ほか)
 8. 雨竜沼湿原の現存植生図(橘ヒサ子ほか)
 9. 群馬岳湿原の植生(佐藤雅俊ほか)
 10. 雨竜沼湿原の植生変化と保全(橘ヒサ子ほか)
第8章 北海道の湿原の特徴と保全
 1. 湿原の微気象環境(高橋英紀)
 2. 水環境からみた湿原の保全(橘治国ほか)
 3. 北海道の湿原フロラ(高橋英樹)
 4. 北海道の湖沼にみられるタヌキモの稔性変異(荒木悟)
 5. 北海道の湿原植生とその保全(橘ヒサ子)
北海道の湿原の現状と保全:.あとがきにかえて(辻井達一)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。