大学出版部協会

 

 ヒュパティアからマリー・キュリーへ男装の科学者たち

男装の科学者たち ヒュパティアからマリー・キュリーへ

四六判 328ページ
定価:2,400円+税
ISBN978-4-8329-7221-6(4-8329-7221-9) C3040
奥付の初版発行年月:1999年05月 / 発売日:1999年05月下旬

内容紹介

名前を変え, 姿を変え, ときには夫や知人の成果として発表する・・・ 科学を志す女性が克服してきた不当な差別や偏見の実例と背景を丹念に追求.古代から19世紀にいたる男装の科学者たちの役割を発掘・検証する.

著者プロフィール

アーリク,M.(マーガレット)(アーリク,M.(マーガレット))

米国オレゴン州ポートランドのリードカレッジで生物学を学び,オレゴン大学大学院センターで分子生物学の研究を行う.ポートランド州立大学で女性科学史のコースを担当.
オレゴン州における市民運動の科学分野でのアクティブメンバー.
著作として,本書のほか,「古代アレクサンドリアにおける女性と技術—マリアとヒュパティア」,「科学における女性の歴史」など.

上平 初穂(ウエダイラ ハツホ)

理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター共同研究員

上平   恒(ウエダイラ ヒサシ)

元北海道大学理学部高分子学科教授

荒川 泓(アラカワ キヨシ)

元北海道大学応用電気研究所教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第 1章  女神と採集者—有史以前の女性
第 2章  古代世界の女性と科学
第 3章  アレクサンドリアからアラビアへ
第 4章  医学と錬金術—中世の女性と実験科学
第 5章  ラインの女予言者
第 6章  科学するレディーの台頭
第 7章  錬金術と薬草術
第 8章  新しい博物学者
第 9章  女性天文学者
第10章  科学革命期の自然哲学者
第11章  19世紀の数学者
第12章  科学の大衆化と専門化


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。