大学出版部協会

 

 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズムソヴィエト・ロシアの聖なる景観

ソヴィエト・ロシアの聖なる景観 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム

A5判 456ページ 上製
定価:7,500円+税
ISBN978-4-8329-6839-4 C3014
奥付の初版発行年月:2018年02月 / 発売日:2018年03月下旬

内容紹介

1953年からペレストロイカ開始までの後期社会主義時代を中心に、社会主義体制下のロシア正教に対する社会心性・宗教性を、教会・修道院建築、イコン、フレスコ画他の美術作品の処遇から叙述する意欲作。ロシア語アーカイブ資料やインタビューなど貴重な資料も提供する。

著者プロフィール

高橋 沙奈美(タカハシ サナミ)

静岡県浜松市生まれ,岐阜育ち
2003年 京都大学文学部現代文化学専攻卒業
2011年 北海道大学文学研究科地域文化学専攻博士後期課程学位取得
    (学術博士)
現 在 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 助教
著 書 『ロシア文化の方舟』(共著),東洋書店,2011年
    『ユーラシア地域大国の文化表象』(共著),ミネルヴァ書房,
     2014年,など

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第一章 ソヴィエト・ロシアにおける宗教政策の展開と
    宗教の社会的変容

第二章 ソヴィエト・ロシアにおける宗教・社会主義・世俗化
 第一節 神なき後の社会主義か
     ──宗教と世俗をめぐる概念について
 第二節 後期社会主義時代のソヴィエト的公衆と
     宗教文化財への関心
 第三節 小  括

第三章 宗教をめぐる学知の確立
 第一節 第二次世界大戦以前のロシアにおける宗教研究の展開
 第二節 科学的無神論によるソ連宗教研究の完成
 第三節 科学的無神論とは何だったのか
     ──科学的無神論と無神論博物館の活動から

第四章 史跡・文化財保護運動の展開
 第一節 教会建築が文化遺産となるまで
 第二節 大祖国戦争からフルシチョフ体制までの
     文化遺産保護運動の展開
 第三節 ブレジネフ時代の史跡・文化財保護運動
 結 論

第五章 科学的無神論の展開と「信者」の相貌
     ──ウラジーミル州でのフィールドワークを中心に
 第一節 ソヴィエト・ロシア初のツーリズム・センター、
     スーズダリ
 第二節 ウラジーミル・スーズダリ博物館と無神論プロパガンダ
 第三節 信者共同体と博物館によるウスペンスキー聖堂の共同利用
 第四節 「聖地」創造──農村部における信仰と無神論政策
 結 論

第六章 ふたりのアンドレイ ──ルブリョフとタルコフスキー
 第一節 ルブリョフ美術館の開館と一般公開
      ──1947年のモスクワ建都800周年と
        1960年のルブリョフ生誕600周年
 第二節 「六〇年代人」にとってのルブリョフ、
     「六〇年代人」としてのタルコフスキー
 第三節 映画『アンドレイ・ルブリョフ』におけるロシアと
     ナロードのイメージ──正義の使者でも殉教者でもなく
 第四節 再び、ルブリョフへ

第七章 記憶への旅 ──社会主義の経験と景観表象の変容
 第一節 「ロシアの北」という心象地理と場の聖性
 第二節 「驚嘆すべきナロードの芸術」
     ──キジー島における木造建築と民族文化の博物館
 第三節 「神秘の地、ゲニウス・ロキ」
     ──ソロフキの美と隠された痛み
 第四節 語られぬ過去と懐古する語り──ヴァラーム博物館
 結 論 ──聖地はいつも満員御礼

おわりに ──「聖なる景観」……あいまいな愛国主義の聖性

 あとがき
 文献一覧
 人名索引
 事項索引



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。