大学出版部協会

 

 前近代ロシアと周辺世界北西ユーラシアの歴史空間

スラブ・ユーラシア叢書12
北西ユーラシアの歴史空間 前近代ロシアと周辺世界

小澤 実:編著, 宮野 裕:著, 家島彦一:著, 草生久嗣:著, 橋川裕之:著, 濱本真実:著, 川口琢司:著, 長峰博之:著, 坂恒明:著, 小笠原弘幸:著, 長縄宣博:編著
A5判 並製
定価:3,600円+税
ISBN978-4-8329-6821-9 C3022
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 発売日:2016年04月中旬

内容紹介

前近代ロシア世界を、ロシアないしスラブの枠内ではなく、西アジア・地中海世界、中央ユーラシア、スカンディナヴィアなどの史料を通して論ずる意欲的試み。史料論としての立場から、新しい多様で豊かな北西ユーラシア史像を描き出す。

著者プロフィール

小澤 実(おざわ みのる)

序章・第三章
所  属:立教大学文学部准教授
専門分野:北欧中世史、西洋中世史
主要著作:『辺境のダイナミズム(ヨーロッパの中世三)』岩波書店、二〇〇九年(薩摩秀登・林邦夫と共著)、『アイスランド・グリーンランド・北極を知るための六五章』明石書店、二〇一六年(中丸禎子・高橋美野梨と共編著)

宮野 裕(みやの ゆたか)

第一章
所  属:岐阜聖徳学園大学教育学部准教授
専門分野:中近世ロシア史
主要著作:『「ノヴゴロドの異端者」事件の研究』風行社、二〇〇九年、「一五世紀末ロシアにおけるカトリックの受容と排除」深沢克己編『ユーラシア諸宗教間の受容と排除をめぐる比較史論』勉誠出版、二〇一〇年

家島彦一(やじま ひこいち)

第二章
所  属:東京外国語大学名誉教授
専門分野:イスラーム世界交流史
主要著作:『イスラム世界の成立と国際商業――国際商業ネットワークの変動を中心に』岩波書店、一九九一年、『海域から見た歴史――インド洋と地中海を結ぶ交流史』名古屋大学出版会、二〇〇六年

草生久嗣(くさぶ ひさつぐ)

所  属:大阪市立大学大学院文学研究科准教授
専門分野:ビザンツ帝国史、研究テーマは西洋中世宗教問題、異端学
主要著作:「ビザンツ帝国における宗教的《境界》の生成――正教会異端論駁書を題材に」『歴史学研究』八三三号、二〇〇七年、一八〇―一八八頁、「ビザンツの「民衆的宗教運動」とその「霊性」について――異端メッサリアノイの射程」『クリオ』二二号別冊、二〇〇八年五月、六三―七二頁

橋川裕之(はしかわ ひろゆき)

 第五章
所  属:静岡県立大学国際関係学部講師
専門分野:ビザンツ史・ギリシャ文化史
主要著作:「皇帝権力とテクスト――第二リヨン公会議へのビザンツの反応について」『歴史学研究』九三七号、二〇一五年、「プロコピオス『秘史』 ――翻訳と註(三)」『早稲田大学高等研究所紀要』七号、二〇一五年(共訳)

濱本真実(はまもと まみ)

 第六章
所  属:日本学術振興会
専門分野:中央ユーラシア史
主要著作:『「聖なるロシア」のイスラーム――一七―一八世紀タタール人の正教改宗』東京大学出版会、二〇〇九年、『共生のイスラーム――ロシアの正教徒とムスリム(イスラームを知る)』山川出版社、二〇一一年

川口琢司(かわぐち たくし)

第七章
所  属:藤女子大学文学部講師
専門分野:中央ユーラシア史、テュルク語・ペルシア語文献学
主要著作:『ティムール帝国支配層の研究』北海道大学出版会、二〇〇七年、『ティムール帝国』講談社選書メチエ、二〇一四年

長峰博之(ながみね ひろゆき)

第七章
所  属:北嶺中・高等学校教諭
専門分野:中央ユーラシア史、ジョチ朝諸政権史
主要著作:「「カザク・ハン国」形成史の再考――ジョチ・ウルス左翼から「カザク・ハン国」へ」『東洋学報』九〇巻四号、二〇〇九年、一―二六頁、「カーディル・アリー・ベグの史書について――ジョチ・ウルス継承政権史料の史料的価値とその歴史認識」『イスラム世界』八一号、二〇一四年、一―三一頁

坂恒明(あかさか つねあき)

第八章
所  属:内蒙古大学蒙古学研究中心専職研究員、東海大学・聖学院大学・埼玉学園大学・玉川大学非常勤講師
専門分野:モンゴル帝国史を中心とする内陸ユーラシア史、東方イスラーム史料文献学
主要著作:『ジュチ裔諸政権史の研究』風間書房、二〇〇五年、「モンゴル帝国期におけるアス人の移動について」塚田誠之編『中国国境地域の移動と交流――近現代中国の南と北(人間文化叢書 ユーラシアと日本―交流と表象)』有志舎、二〇一〇年、一四四―一七四頁

小笠原弘幸(おがさわら ひろゆき)

第九章
所  属:九州大学大学院人文科学研究院准教授
専門分野:オスマン帝国史
主要著作:『イスラーム世界における王朝起源論の生成と変容――古典期オスマン帝国の系譜伝承をめぐって』刀水書房、二〇一四年、「歴史教科書に見る近代オスマン帝国の自画像」秋葉淳・橋本伸也編『近代・イスラームの教育社会史―オスマン帝国からの展望』昭和堂、二〇一四年、一六五―一八五頁

長縄宣博(ながなわ のりひろ)

終章
所  属:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター准教授
専門分野:中央ユーラシア近現代史 ロシアのイスラーム
主要著作:『越境者たちのユーラシア(シリーズ・ユーラシア地域大国論五)』ミネルヴァ書房、二〇一五年(共編)、Volgo-Uralʼskii region v imperskom prostranstve: XVIII-iXX vv.(Moscow: Vostochnaia Literatura, 2011)(共編)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき
序 章 北西ユーラシア歴史空間の射程…小澤 実
第一部 異文化集団との接触(九世紀から一四世紀)
第一章 《総論》統一国家成立までのロシア…宮野 裕
第二章 アラビア語史料に記録された北西ユーラシア世界…家島彦一
――とくにイブン・ファドラーン『報告書』による――
第三章 キエフ・ルーシ形成期の北西ユーラシア世界とスカンディナヴィア…小澤 実
――ルーン石碑の検討を中心に――
第四章 ロシア/ビザンツ緩衝地帯の蛮族観について…草生久嗣
――一二世紀ビザンツ史書におけるペチェネーグを題材に――
第五章 コンスタンティノープルのストゥディオス修道院とルーシの修道士…橋川裕之
――正教文化の伝播について――
第二部 チンギス裔とオスマン朝からの視線(一五世紀から一七世紀)
第六章 《総論》「ロシア帝国」への道のり…濱本真実
第七章 一五世紀ジョチ朝とモスクワの相互認識…川口琢司・長峰博之
――ロシア語訳テュルク語文書を中心に――
第八章 ペルシア語・チャガタイ語諸史料に見えるモンゴル王統系譜とロシア…赤坂恒明
第九章 オスマン朝におけるヨーロッパ認識の伝統と革新…小笠原弘幸
――一七世紀中葉以前の北西ユーラシア観を中心に――
終 章 ロシア近現代史の視点から…長縄宣博
人名索引  
事項索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。