大学出版部協会

 

《法と経済学》の法理論

北海道大学法学部研究選書 2
《法と経済学》の法理論

A5判 318ページ
定価:5,400円+税
ISBN978-4-8329-5781-7(4-8329-5781-3) C3032
奥付の初版発行年月:1996年06月 / 発売日:1996年07月下旬

内容紹介

法学の方法としての「法と経済学」は,今日では法学に対する思考の新たなパラダイムとして,広く了解されつつあるといえよう.本書は「法と経済学」について,その全体像と方法をめぐる論点を,提唱者のひとりであるポズナーの理論を中心に詳細に検討する.

著者プロフィール

林田 清明(ハヤシダ セイメイ)

北海道大学法学部教授
1988-90年,イェール大学ロー・スクール客員研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第Ⅰ部  《法と経済学》とは何か
第 1章  法律への経済学的アプローチ
   第 1節  法理論としての《法と経済学》
   第 2節  裁判所における《法と経済学》
第 2章  《法と経済学》の分析と展望
   第 1節  法の経済モデル
   第 2節  《法と経済学》の批判と展望
第 3章  《法と経済学》と正義
   第 1節  正義と法
   第 2節  《法と経済学》の規範的根拠
第Ⅱ部  《法と経済学》の法律学
第 4章  実践的推論としての法律学
   第 1節  わが国の法律学と3つのテーゼ
   第 2節  ポストモダン法学と実践的推論
   第 3節  法の認識論と存在論
   第 4節  実践的推論とプラグマティズム法学
   第 5節  プラグマティズム法学としての《法と経済学》
第 5章  《法と経済学》の法解釈
   第 1節  立法の経済理論
   第 2節  公共選択論と法解釈


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。