大学出版部協会

 

経済構造調整下の北海道農業

経済構造調整下の北海道農業

A5判 502ページ
定価:6,000円+税
ISBN978-4-8329-5441-0(4-8329-5441-5) C3061
奥付の初版発行年月:1990年12月 / 発売日:1991年01月下旬

内容紹介

基本法農政を達成した唯一の地域=北海道は,農産物自由化を中心とする農政の転換により危機的状況にある.外圧の嵐の中で,最後の農業基地北海道に残された道はなにか,本書は1986年以来3年間の詳細な実態調査に基づいた,この問題への具体的で説得力ある回答である.

著者プロフィール

牛山 敬二(ウシヤマ ケイジ)

東京経済大学教授
主要著書
『農民層分解の構造—戦前期』(御茶ノ水書房,1975)
『日本資本主義と農業保護政策』(暉峻衆三編,共著)(御茶ノ水書房,1990)

七戸 長生(シチノヘ チョウセイ)

北海道大学名誉教授
主要著書
農業機械化の動態過程 (農業総合研究所,1974)
新しい農村リーダー (農山漁村文化協会,1987)
日本農業の経営問題—その現状と発展論理 (北海道大学図書刊行会,1988)


上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序  章  課  題

第1編  地域農業の構造変動
第 1章  北海道における農産物市場の現局面
第 2章  生産調整下の地域農業
第 3章  農村構造の変貌と集落機能
第 4章  農村諸組織の特質と展開

第2編  生産力の変革と構造問題
第 5章  土地利用型農業の到達点と新たな模索
第 6章  開発と土地問題の現段階
第 7章  負債の累積構造と克服の条件
第 8章  労働市場の変化と地域農業再編
第 9章  地域農業の転換と農協

終  章  総括—構造転換の可能性


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。