大学出版部協会

 

 北千島・サハリン・オホーツクロシア極東 秘境を歩く

ロシア極東 秘境を歩く 北千島・サハリン・オホーツク

四六判 228ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-8329-3398-9 C1025
奥付の初版発行年月:2016年11月 / 発売日:2016年11月下旬

内容紹介

探検部出身の記者が,ロシアの秘境,北千島の占守島・幌筵島やサハリンの旧国境線跡から東シベリア・北極圏まで,道なき道を歩き,日ロの知られざる歴史の跡や現地のいまを伝える。
かつて日ロの国境線が引かれていた北千島には70年前の激闘の跡が生々しく残り,サハリンの旧国境には国境標石の台座の残骸が草に埋もれていた。東シベリアでは2世紀前に漂着し苦難の末に帰国した大黒屋光太夫の足跡を追い,北極圏の永久凍土がつくる絶景の中でマンモスの化石を探した。足を踏み入れることが難しい場所へ,現地の人々と交流しながらたどり着き,知られざる事実を明らかにする様子を,取材秘話と臨場感を交えて描く。

著者プロフィール

相原 秀起(アイハラ ヒデキ)

1962年,横浜市に生まれる。北海道大学農学部卒。在学中は探検部に所属。
85年北海道新聞社入社。社会部,根室支局などを経て,95年からサハリン・ユジノサハリンスク支局駐在。2013年から同紙連載「極東」担当。
現在,同社函館支社報道部長。
著作に『新サハリン探検記――間宮林蔵の道を行く』(社会評論社,1997年),『雪に輝くコメ――北海道・沼田町の挑戦』(共著,北海道新聞社,1998年),極東DVDシリーズ『北緯50度線を行く サハリン・北千島のいま』(3部作,風交舎・北海道新聞社,2016年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 はじめに

第一章 はるかなる北千島
 一 最果ての島・占守島へ
  占守海峡/幌筵海峡を越えて/片岡飛行場/国端崎
 二 70年前の激戦地
  竹田浜/四嶺山
 三 変わりゆく幌筵島
  改善する島の暮らし/北海道との交流/自信あふれる地区長

第二章 知られざるサハリン
 一 「国境の町」安別へ
  国境標石の跡を捜せ/安別観測所
 二 流転の標石たち
  4号標石の行方を追う/2号標石の日本帰還/終戦前後の樺太/3号標石の謎
 三 資源開発のはざまで
  プリゴロドノエの巨大プラント/サハリンのいま

第三章 シベリアの荒野へ
 一 オホーツク
  大黒屋光太夫の足跡を訪ねて
 二 北極圏の旅
  細石刃とマンモスハンター/冷凍マンモス「ジーマ」/寒極の村ベルホヤンスク/ウラハン・スラル/たどり着いた大陥没地
 三 マンモスと光太夫を追って
  ユカギル・マンモスとの対面/光太夫が暮らした町

 おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。