大学出版部協会

 

北海道で平和を考える

北海道で平和を考える

四六判 312ページ
定価:1,600円+税
ISBN978-4-8329-3131-2(4-8329-3131-8) C1031
奥付の初版発行年月:1988年11月 / 発売日:1988年11月下旬

内容紹介

軍事拡張の最前線に位置する「北海道」の現実から出発し,多彩なメンバーが,政治・経済さらには領土問題,民族問題にいたる広範な視野から,地域からの「平和」の意味を掘り下げて検討.

著者プロフィール

深瀬 忠一(フカセ タダカズ)

北海道大学法学部教授.憲法学・比較憲法学

森 杲(モリ タカシ)

北海道大学経済学部教授.企業論・アメリカ経済論

中村 研一(ナカムラ ケンイチ)

北海道大学法学部助教授.国際政治・平和研究

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第Ⅰ部  軍事化の最前線
○米ソ核戦略の間で (豊田利幸)
○軍事基地北海道 (松井 愈)
○軍事化から平和保障へ (深瀬忠一)

第Ⅱ部  地域国際化への道
○日露・日ソ関係と第三国の介入 (外川継男)
○北方領土問題の核心 (竹岡勝美)
○日ソ民際交流運動の現在 (坪井主税)
○北海道の国際交流と平和外交 (横路孝弘)
第Ⅲ部  平和な発展の可能性
○どのような経済発展をめざすのか (森 杲)
○幌延—住民の選択 (神沼公三郎)
○国家と地域開発 (西川 潤)

第Ⅳ部  平和をつくりだす
○非戦を訴えた札幌市民たち (松沢弘陽)
○差別の歴史を掘り起こす (大友陽子)
○少数民族としてのアイヌ (小川隆吉)




一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。