大学出版部協会

 

 哲学的考察自己犠牲とは何か

自己犠牲とは何か 哲学的考察

A5判 624ページ 上製
定価:6,300円+税
ISBN978-4-8158-0928-7 C3010
奥付の初版発行年月:2018年11月 / 発売日:2018年11月下旬

内容紹介

日常の「自分を殺す」行いから極限状況まで、広く見られる自己犠牲 ——。なぜそれは可能で、どのようにして生み出されるのか。日本人戦犯裁判の事例を糸口に、西洋近代哲学では問えなかった問いを、人類学や心理学の知見をも参照しつつ根底から考察し、私たち自身の現実を初めて哲学的に解明した労作。

著者プロフィール

田村 均(タムラ ヒトシ)

1952年、名古屋市に生まれる。1977年、京都大学文学部卒業。1984年、京都大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。元名古屋大学大学院文学研究科教授。近年では、訳書にケンダル・ウォルトン『フィクションとは何か』(小会、2016年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 凡 例

序 章 自己犠牲はなぜ哲学の問題となるのか

  第Ⅰ部 権力と犠牲

第1章 シンガポール華僑粛清事件と河村参郎
    1 シンガポール華僑粛清事件
    2 戦犯裁判と河村参郎
    3 個人意志の問題
    4 河村参郎の心理と行為の考察

第2章 戦犯心理の分析
    1 戦犯裁判研究と河村事案
    2 BC級戦犯裁判の思想史的背景
    3 丸山眞男による戦犯心理の分析
    4 作田啓一による戦犯心理の分析

第3章 犠牲の宗教人類学
    1 動物殺しと犠牲儀礼
    2 タイラーの犠牲論
    3 ロバートソン・スミスの犠牲論
    4 ユベールとモースの犠牲論

第4章 犠牲、虚構、演技
    1 犠牲譚の虚構性
    2 河村参郎と虚構性
    3 権力、責任、犠牲 —— 第Ⅰ部の結び

  第Ⅱ部 自己犠牲の論理

第5章 自己犠牲と意志
    1 自己犠牲の基本的特徴
    2 自己犠牲と心の分裂
    3 私的価値と公共的価値 —— 西洋近代思想史一瞥
    4 Willと意志

第6章 自己犠牲の物語
    1 『アウリスのイーピゲネイア』
    2 「レイニー河で」
    3 2つの物語の比較
    4 全体論と個人主義

第7章 自己犠牲と合理性
    1 田村(1997)と柏端(2007)
    2 合理性概念の拡張
    3 ジレンマ状況と合理性
    4 共同行為
    5 自己犠牲という共同行為

第8章 自己犠牲と服従
    1 共同行為と日常生活
    2 自発的な服従
    3 自己犠牲の定義
    4 個人と意志

  第Ⅲ部 自己と自己犠牲

第9章 自己という思想
    1 デカルトから始まる
    2 ジョン・ロックの人格論
    3 ヒュームによる自己の解体

第10章 自己の心理学
    1 自己の多層性
    2 環境に埋め込まれた身体 —— 身体的な自己
    3 共同注意と対象化された「私」—— 心としての自己(1)
    4 心の理論 —— 心としての自己(2)
    5 発達心理学と哲学的自己論

第11章 現代哲学と自己の概念
    1 一人称表現の意味
    2 一人称表現の指示
    3 一人称表現と社会
    4 ごっこ遊びの成り立ち
    5 ごっこ遊びと自己

第12章 功利主義と自己犠牲
    1 J・S・ミルにおける功利主義と自己犠牲
    2 オーヴァヴォルドとその業績
    3 「自己利益と自己犠牲の概念」(Overvold 1980)
    4 「自己利益と欲求の充足」(Overvold 1982)
    5 自己利益の概念と自己犠牲の社会性
    6 「道徳、自己利益、そして道徳的であるべき諸理由」(Overvold 1984)
    7 服従の内在化
    8 Willと服従

終 章 自己犠牲と私たち
    1 2つの立場の比較
    2 自己実現の願望

 あとがき
 注
 参考文献
 索 引

関連リンク

ケンダル・ウォルトン『フィクションとは何か』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。