大学出版部協会

 

 酸素が支えた日本の工業化見えない産業

見えない産業 酸素が支えた日本の工業化

A5判 340ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-8158-0878-5 C3033
奥付の初版発行年月:2017年06月 / 発売日:2017年06月下旬

内容紹介

ボンベにつめられ、日本中の町工場へと運ばれ続けた見えない商品、酸素。鉄鋼、化学、電機から農業、バイオ、医療へと用途を広げ、競争力の新たな焦点となった産業ガスの軌跡を、国際関係史も視野に明治の黎明期から今日までたどり、その特徴的な産業の姿をクリアに描きだす。


目次

序 章 「見えない産業」 の形成と発展
       —— 溶接・切断を支える諸産業の意義

第1章 酸素工業の黎明
       —— 1910~20年代
     はじめに
     1 酸素工業の導入
     2 第1次世界大戦期の酸素工業
     3 1920年代の酸素工業
     おわりに

第2章 大阪酸素工業界の構造変化
       —— 1930年代
     はじめに
     1 大同酸素・大阪酸素参入以前の大阪酸素工業界
     2 大同酸素の参入
     3 大阪酸素の参入
     4 大阪酸素工業界における競争と協調
     おわりに

第3章 経済統制下の必死の対応
      —— 戦時期~戦後復興期
     はじめに
     1 酸素工業に対する経済統制
     2 戦中・戦後の酸素専業各社
     おわりに

第4章 外資系企業の 「日本化」 過程
      —— 戦時下における帝国酸素の事例
     はじめに
     1 帝国酸素の設立
     2 帝国圧縮瓦斯への商号変更
     おわりに

第5章 ガス溶接・切断機企業の展開
      —— 戦前期
     はじめに
     1 溶接機・切断機企業群像
     2 溶接材料商社の展開
     おわりに

第6章 電気溶接機企業の展開
       —— 戦前・戦中期
     はじめに
     1 浜野浜次と日本電気熔接機
     2 大津勇と大阪電気
     3 大阪変圧器の参入
     4 重電機メーカーの参入
     5 中小電気溶接機メーカー
     おわりに

第7章 液酸とオンサイトプラントの時代
       —— 高度成長期の酸素工業
     はじめに
     1 技術革新と需給構造の変化
     2 流通機構の変化と商慣習
     3 主要企業の動向
     4 神戸製鋼所と日立製作所における空気分離装置製作
     おわりに

第8章 電気溶接機工業
       —— 戦後の展開
     はじめに
     1 高度成長期の電気溶接機生産
     2 大阪電気
     3 大阪変圧器の動向
     4 オリジン電気
     5 総合電気機械各社の動向
     6 中堅各社の動向
     おわりに

第9章 戦後日本の溶接材料商社
     はじめに
     1 溶材商の全体動向
     2 溶接棒の流通
     3 酸素ガスの流通
     4 電気溶接機の販売動向
     5 溶材商の歩み
     おわりに

第10章 産業ガス産業への変容
       —— 高度成長期以後
     はじめに
     1 産業ガスの需要構造の変化
     2 業界構造の変化
     3 新技術開発
     おわりに —— コモディティ産業の課題

終 章 酸素・溶接機器工業の100年


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。