大学出版部協会

 

 選別メカニズムの比較分析移民受入の国際社会学

移民受入の国際社会学 選別メカニズムの比較分析

A5判 380ページ 上製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-8158-0867-9 C3036
奥付の初版発行年月:2017年02月 / 発売日:2017年03月上旬

内容紹介

誰を受け入れ、誰を排除するのか —— 移民受入をめぐる風景を一変させた政策と実態の変化を、古典的移民国、EU諸国、後発受入国の比較により鮮明に捉え、排除と包摂のメカニズムをトータルに示す。世界を震撼させる 「移民問題」 を冷静に考える確かな視点を得るために。

著者プロフィール

小井土 彰宏(コイド アキヒロ)

1958年 大阪市に生まれる
1992年 東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学、
    ジョンズ・ホプキンズ大学大学院社会学部博士課程修了
北海道大学文学部助教授、上智大学国際関係研究所助教授を経て、
2001年 一橋大学社会学部助教授
現 在 一橋大学大学院社会学研究科教授、Ph. D. in Sociology
著 書 『移民政策の国際比較』(編著、明石書店、2003年)他

飯尾 真貴子(イイオ マキコ)

一橋大学特別研究員。

塩原 良和(シオバラ ヨシカズ)

慶應義塾大学法学部教授。著書に『変革する多文化主義へ――オーストラリアからの展望』(法政大学出版局、2010年)他。

堀井 里子(ホリイ サトコ)

国際教養大学国際教養学部助教。

柄谷 利恵子(カラタニ リエコ)

関西大学政策創造学部教授。著書に『移動と生存――国境を越える人々の政治学』(岩波書店、2016年)他。

伊藤 るり(イトウ ルリ)

一橋大学大学院社会学研究科教授。著書に『新編 日本のフェミニズム9 グローバリゼーション』(共編著、岩波書店、2011年)他。

久保山 亮(クボヤマ リョウ)

専修大学人間科学部兼任講師。

昔農 英明(セキノウ ヒデアキ)

明治大学文学部専任講師。著書に『「移民国家ドイツ」の難民庇護政策』(慶應義塾大学出版会、2014年)。

宣 元錫(ソン ウォンソク)

中央大学総合政策学部兼任講師。著書に『異文化間介護と多文化共生――誰が介護を担うのか』(共編著、明石書店、2007年)。

上林 千恵子(カミバヤシ チエコ)

法政大学社会学部教授。著書に『外国人労働者受け入れと日本社会――技能実習制度の展開とジレンマ』(東京大学出版会、2015年)。

鈴木江理子(スズキ エリコ)

国士舘大学文学部教授。著書に『日本で働く非正規滞在者――彼らは「好ましくない外国人労働者」なのか?』(明石書店、2009年)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 選別的移民政策の時代

  第Ⅰ部 古典的移民国の新たな選別戦略

第1章 アメリカ合衆国Ⅰ
     高度技能移民政策の起源と変貌 —— H-1B ビザの神話を超えて

     はじめに
     1 人種主義的選別から 「普遍主義的」 選別へ
     2 「高度技能ビザ (H-1B)」 の歴史的構築とその機能
     3 グローバル IT 産業と越境的労働利用システムの構造化
     4 高度技能移民をめぐる政策論争と改革の焦点
     5 国内に頭脳を求めて —— 非正規移民第2世代からの選別
     おわりに

第2章 アメリカ合衆国Ⅱ
     非正規移民1150万人の排除と包摂 —— 強制送還レジームと DACA プログラム

     はじめに
     1 米国移民政策の歴史的背景
     2 強制送還レジームの構築
     3 特定移民層に対する暫定的な権利付与プログラム
     4 国境を超える強制送還レジーム
     おわりに

第3章 オーストラリア
     「線」 の管理から 「面」 の管理へ —— 技能移民受入・庇護希望者抑留と空間性

     はじめに —— 出入国管理における空間性の活用
     1 オーストラリアの移住者受入政策
     2 技能移民受入における選別性の強化と空間的配置の最適化
     3 「コミュニティ・ベース」 の庇護希望者抑留
     おわりに —— グローバリズムと出入国管理政策

  第Ⅱ部 EU 諸国の受入政策の転換

第4章 EU
     「国境のないヨーロッパ」 という幻想 —— EU 共通移民政策の展開

     はじめに
     1 シェンゲン・エリアの誕生と基本的制度枠組み
     2 ブルーカード指令による高度技能移民の受入
     3 EU 域外国境管理政策とフロンテクスの活動
     4 近年の大規模な難民の到来と EU の対応
     おわりに —— 国境のないヨーロッパという幻想

第5章 イギリス
     ポイント・システム導入と民営化の進展 —— 敵対的選別化への道

     はじめに
     1 ポイント・システムの展開
     2 入国管理制度の評価
     3 敵対的選別化のための入国管理制度との交差・連関の中で
     おわりに

第6章 フランス
     共和国的統合コンセンサスへの挑戦とその帰結
        —— サルコジ政権下の 「選択的移民」 政策

     はじめに —— 戦後フランスの移民政策と 「選択的移民」
     1 「選択的移民」 と 「統合コンセンサス」 への挑戦
     2 高度技能移民と 「労働力不足職種」 リスト
     3 移民の地位の不安定化 —— 家族移民、庇護申請者、非正規滞在者
     おわりに —— 静かなパラダイム・シフトと移民政策の民主的統御

第7章 ドイツⅠ
     移民政策のパラダイム・シフト —— 国民福祉国家から国民競争国家へ

     はじめに —— 移民制御法施行からの10年
     1 欧州諸国の選別的移民政策の出発点と要因
     2 高度・技能人材獲得へ —— 2004年法以後の移民政策改革
     3 労働市場保護から市場のプロモーターへの変貌 —— 人材獲得戦略
     おわりに —— 「移民国家」 への道を歩むドイツ?

第8章 ドイツⅡ
     難民受入をめぐる移民政策の変容 —— 排除と包摂のはざまで

     はじめに
     1 エスニック・ネーションからシビック・ネーションへ
     2 エスニック・ネーションにおける難民の包摂と排除の論理
     3 市民的統合における難民の包摂的な排除
     おわりに

第9章 スペイン
     新興移民受入国のダイナミズム —— なぜ2000年代を代表する移民国家となったのか

     はじめに
     1 スペインの経済発展と人間の移動の概観
     2 スペインの政治体制変動と移民政策の形成
     3 「複合レジーム」 としての移民規制・受入体制とその選別性
     4 国境管理の実態 —— カナリア諸島と地中海域
     5 社会統合政策の形成・実践・変容
     おわりに

  第Ⅲ部 後発受入国の戦略形成

第10章 韓国
     政府主導の 「制限的開放」 移民政策の形成 —— 人権と競争力の交差

     はじめに
     1 移民政策の創設期 —— 冷戦終焉、民主化、新自由主義
     2 民主化レジームと移民政策の転換
     3 外国人労働者需給システムの運営主体の変更
     4 「人材誘致」 重視の移民政策
     5 短期就労者と定住者の選別
     おわりに —— 「分離」 とインセンティブ

第11章 日本Ⅰ
     高度外国人材受入政策の限界と可能性 —— 日本型雇用システムと企業の役割期待

     はじめに
     1 高度外国人材受入政策における日本の位置づけ
     2 高度外国人材受入政策の展開 —— IT 技術者と留学生
     3 高度外国人材優遇のためのポインド制度
     4 企業の高度外国人材受入
     5 日本企業の高度外国人材への役割期待
     おわりに —— 残された課題

第12章 日本Ⅱ
     外国人選別政策の展開 —— 進行する選別的排除

     はじめに
     1 形式的排除の時代の非正規滞在者
     2 移民/外国人選別時代の非正規滞在者
     3 管理強化と排除の拡大
     おわりに —— 「移民政策ではない」 外国人政策

終 章 選別的移民政策の国際比較
     はじめに
     1 高度技能移民政策の多様性
     2 選別的包摂と排除の重層構造
     おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。