大学出版部協会

 

 イギリス「所領知」の革新と制度化農の科学史

農の科学史 イギリス「所領知」の革新と制度化

A5判 480ページ 上製
定価:6,300円+税
ISBN978-4-8158-0853-2 C3061
奥付の初版発行年月:2016年11月 / 発売日:2016年11月下旬

内容紹介

ローカルな知は科学となるのか ——。農業は古来、多くの地域で主要産業であった。工業化が進む中、諸科学と葛藤しつつ 「農学」 を成立させていく多元的な知と制度の展開を、啓蒙時代から20世紀まで、イギリス社会の文脈で描く。科学史と農業史を架橋し、間文化的な示唆を与える労作。

著者プロフィール

並松 信久(ナミマツ ノブヒサ)

1952年生まれ
1981年 京都大学大学院農学研究科単位取得満期退学
    京都産業大学国土利用開発研究所教授などを経て
現 在 京都産業大学経済学部教授
著 書 『現代に生きる日本の農業思想―安藤昌益から新渡戸稲造まで』
    (王秀文・三浦忠司共著,ミネルヴァ書房,2016年)
    『近代日本の農業政策論―地域の自立を唱えた先人たち』
    (昭和堂,2012年)
    『報徳思想と近代京都』(昭和堂,2010年)他

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章
     1 問題の所在
     2 目的と課題

  第Ⅰ部 観察・啓蒙の時代 —— 18世紀末期

第1章 農業改良調査会の設立と展開
     1 農業改良と情報収集
     2 農業改良調査会の設立
     3 農業改良調査会と王立研究所
     4 おわりに —— 調査・実験主体の課題

第2章 スコットランドの農業研究 —— 諸科学との関係
     1 農業化学の萌芽
     2 化学の進展と農業改良
     3 高等農業教育の萌芽
     4 農業講座の創設
     5 おわりに —— 独立科学の端緒

  第Ⅱ部 土地管理人と農業試験の時代 —— 19世紀前中期

第3章 農業知識と土地管理人の役割
     1 土地差配人の役割
     2 土地管理人と農業知識
     3 土地管理人と科学的な農業
     4 おわりに —— 所領知の担い手

第4章 所領経営と農業
     1 所領経営と投資行動
     2 所領経営と借地契約
     3 おわりに —— 所領経済学の萌芽

第5章 農業試験と諸制度の形成
     1 農業試験と実験の展開
     2 化学と圃場試験
     3 科学的な農業と農業協会
     4 おわりに —— 農業技術と諸制度

第6章 農業化学と試験研究の展開
     1 農業協会と実験
     2 実験概念の変化とリービヒの影響
     3 農業研究と担い手の変容
     4 おわりに —— 農業研究の方向性

  第Ⅲ部 法則化と制度化の模索時代 —— 19世紀後期

第7章 農業の展開と技術研究
     1 農業技術の変化
     2 技術教育の対応
     3 おわりに —— 技術と科学

第8章 農業研究の進展
     1 研究の展開と目的
     2 研究に対する評価
     3 研究をめぐる政府と農民の動向
     4 研究体制の拡大
     5 おわりに —— 農業研究の連続性

第9章 王立農業カレッジの模索
     1 カレッジの設立
     2 学内運営と問題点
     3 教育と研究体制の問題
     4 研究・教育体制の維持と政府助成
     5 組織再編と新体制
     6 おわりに —— 高等農業教育の模索

  第Ⅳ部 農業科学政策による制度化の時代 —— 20世紀初頭

第10章 農業研究・教育体制とカレッジ・大学
     1 サウスイースタン農業カレッジの設立
     2 ケンブリッジ大学の理論研究
     3 レディングのユニヴァーシティカレッジと品種改良
     4 おわりに —— 大学における農学

第11章 農業科学政策と研究・教育体制
     1 科学研究の政治的背景
     2 ロイド・ジョージと開発法の成立
     3 開発委員会の設置
     4 おわりに —— 農業研究と国家助成

第12章 農学と研究機関
     1 開発委員会と農務省の論争
     2 ロザムステッドとレディング
     3 研究目的と研究機関
     4 おわりに —— 農学と研究体制の関連性

  第Ⅴ部 プロフェッションと国際化の時代 —— 20世紀前期

第13章 農業経済学とプロフェッションの誕生
     1 農業経済への関心
     2 農業経済プロフェッションの誕生
     3 農業経済アドバイザーの役割
     4 農業経済学としての展開
     5 農業経済学会の設立
     6 おわりに —— 農業経済学の課題

第14章 農業経済プロフェッションと国際化
     1 国際化への端緒
     2 国際農業経済学会の研究動向
     3 農業行政とプロフェッション
     4 プロフェッションの変容
     5 おわりに —— プロフェッションの課題

終 章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。